エントリー

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートレビュー 撮影機材運びに最適です

台車を買ったよ!
機材運びはやっぱりカートですね。

映像機材を運ぶための台車を買いましたよ!

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートです。

スゴイかっこいい台車で、通販サイトの商品画像ですでに一目ぼれしてしまいましたよ。

これで撮影機材を車に運び込むのがメチャ楽になりそうです。

ここでは台車「花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカート」を私が購入した理由と、使ってみて分かった長所と短所を解説します。

映像機材運搬向けのカートはどんなものがイイか、映像会社に勤めていた時の経験も思い出しながら精一杯書きましたのでぜひ最後までお読みください。

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートを買った理由

ギックリ腰

実は救急車で運ばれるほど重度のギックリ腰を患ってしまい、2~3日経つこともままならない日々が続いていました。

長引くコロナ自粛と緊急事態宣言もあって、運動不足と長時間のデスクワークで姿勢が崩れて腰に負担をかけていたようです。

立ち仕事もぎっくり腰が起きやすいと聞きますが、長時間の座り仕事も腰を傷めやすいようですね。
(当てはまる方は気を付けてくださいね!)

これからは腰を労わるために、撮影機材の運搬は無理せず台車に頼ろうと思うきっかけにもなりましたよ。

どの台車を買うか、Amazonや楽天で検索しましたが、全然イイ商品が見当たりません。

そこでtwitterのフォロワーさんに思い切って尋ねてみることにしました。

そうしてご紹介いただいたのが、花岡車輌というメーカーのF-CART 2×4 フラットカートです。

商品名に「台車」や「荷台」といったキーワードがないのが理由でしょうか。
検索しても見つけることが出来なかった商品です。同業者の方に聞いて大正解。

F-CART 2×4 フラットカートは折りたたんでフラットになる上に、アウトドアでもキビキビ走る大型の車輪を搭載しているのが特長です。

映像クリエイターは台車を買った方がイイ! でもどんな台車がイイ?

台車って普通はこんな感じよね

台車っていえばこんなイメージですよね。
私が過去に勤めていた映像制作会社では、映像機材を車に運び入れるためのカートを2~3台使っていました。

上の写真のような「ザ・台車」って感じの頑丈なヤツでした。
これはこれで悪くはないのですが、フリーランスや小規模の映像制作会社ではこんなカート置く場所に困ります。

それに見た目もダサイ。

私が欲しいカートは

こんなカートが欲しい!

折りたたみ状態がかさばらない
車にも積みやすい
頑丈で耐荷重が多め
見た目スタイリッシュ

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートは、なんと私が求める要求を全てクリアしているのです。

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカート Amazonの商品写真から引用

特に車輪を完全に倒すことが出来ている商品写真を見て、購入を決めました。

映像制作会社の台車は使わないとき倉庫に立てかけておきます。
でもフリーランスで自宅を事務所にしている方は台車の置き場所にきっと困るはずです。

台車は外に置きっぱなしにしていると盗まれることも多いので、なるべくマンションの共有部分ではなく部屋の中に片づけたいところです。
花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートなら、部屋の中やベランダに置いても邪魔になりません。

F-CART 2×4 フラットカートの車輪 Amazonの商品写真から引用

それに一般的な台車と違って車輪が大きいので、重い機材を乗せても安定して運べそう!

見た目も気に入ったのですぐ買ってみることにしましたよ。

他に気になった台車

私が花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートの他に気になった台車は以下の通りです。

アイリスプラザ 折りたたみ 台車 耐荷重 100kg
重量 4.4kg
花岡車輌 F-CART 耐荷重 80kg
重量 6.2kg
花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカート 耐荷重 四輪時 120kg 二輪時 70kg
重量 7.4kg
山善(YAMAZEN) オフロード台車48×75cm タフカート 耐荷重 100kg
重量 12.2kg

カメラバッグを持ち運ぶキャリーカートはこれまで何度か購入してきました。
値段が安いものは壊れるのが早く、ひどい場合溶接部分が折れてしまってすぐに使い物にならなくなってしまうこともありました。

購入前に耐荷重のチェックはもちろん、メーカーもチェックしておいたほうが良いです。
上で紹介した山善も国産の工業機器メーカーで、高品質な台車を取り扱っています。

今回購入した台車のメーカー「花岡車輌」について、私は今まで聞いたことがなかったのですが、色々調べてみると昭和8年創業の産業用機器の国産メーカーのようです。

なかでもF-CART 2×4 フラットカートは過去に何度も雑誌で取り上げられている商品のようですね。

参考情報:【雑誌掲載】所ジョージの世田谷ベース vol.45|花岡車輌 公式HP

耐荷重が最大120kgで、通常の四輪台車から二輪のキャリーカートに変形できます。
二輪時の耐荷重でも70kgと耐久力はかなり優れています。

重さは7.4kgと通常の四輪台車にしてはやや重いですが、オフロードでも使える台車と比べるとむしろ軽い方です。

アウトドアカートで雑誌にも紹介されているので、屋外の悪路でも活用できそうですね。
値段はちょっと高いですが、オフロード台車で見比べると決して高い台車ではないのが分かりました。

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートの長所と短所

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートを購入して分かったスバラシイ長所は以下の通りです

長所

✅折り畳みのロック機構が秀逸
✅付属の袋に入れて運べる
✅かなり頑丈で子どもの遊具にもなる

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートの同梱品

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートは商品本体の他になんと手さげバッグも付属しています。

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートに付属のキャリーバッグ

台車を折りたたむことでバッグに収納でき、バッグ自体の作りがしっかりしているので保管だけでなく運搬時にも使えそうです。
これでカートのタイヤの汚れで車内や施設、保管する部屋を汚す心配が減ります。

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートの折りたたみの様子を動画で撮影したのでご覧ください。

ハンドルのロック機構

またF-CART 2×4 フラットカートは折りたたみのロック機構が精工なので、不意にハンドルが立ち上がったりするといったこともありません。

台車を折りたたむときはロックを内側にスライドして、ハンドルを倒します。

ハンドルを台車に固定するストッパー

ハンドルの取っ手側にもロックがあり、折りたたんだ時にハンドルを荷台側に固定できるようになっています。

フラットカートをたたんだ状態

商品説明の通り、車輪も倒れて13cmの厚さまでコンパクトにまとまります。

耐荷重は120kgなので、成人男性を乗せて運ぶこともできます。
子どもを乗せて遊ぶこともできますよ。(自己責任)

一方で使ってみて分かったちょっと不満に感じた点は以下の通りです。

短所

✅オフロード。だけど重さはある
✅押して使うとコントロールが難しい
✅値段がちょっと高い

F-CART 2×4 フラットカートの四輪台車状態

F-CART 2×4 フラットカートの本体重量は7.4kg。
オフロードタイプのカートの中では比較的軽い部類に入りますが、一般的なカートの中では中~やや重い部類です。
このため、業務用の台車を使ったことがない方にとってはかなり重さを感じるはずです。

F-CART 2×4 フラットカートの二輪台車状態

またF-CART 2×4 フラットカートは四輪だけでなく二輪の台車としても使うことができるようになっていて非常に便利です。

F-CART 2×4 フラットカートは後輪が小さい

しかし、そのためか後輪(手前の車輪)のほうがサイズが小さくなっています。

この車輪は左右にも動きます。

F-CART 2×4 フラットカートの前輪は二輪台車時の車輪となる

二輪台車にする時は四輪台車時の前側の車輪を使うことになります。
この車輪は左右に動かず固定されています。

二輪台車で使う時は固定されていると良いと思いますが、四輪台車の時は普通ハンドルを握って荷台側を前にして前進しますよね。
この時に前側の車輪が固定されていると、左右に動かしにくくなります。実はこれが一番残念な点です。

F-CART 2×4 フラットカートは引いて使うと操縦しやすい

ただ、F-CART 2×4 フラットカートは荷物の落下をサポートするプレートが備わっているため、台車を押して使うよりも引いて使う方が操作性が良いカートとなっています。

発想を変えて

「色んな使い方ができる台車だ!」

と前向きに考えられる方は、花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートを使うことでとても幸せになれると思います。

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートの外観

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカート上からの写真

F-CART 2×4 フラットカートのサイズは折り畳み時に幅385mm、奥行き640mmになります。

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートの底部

裏側は車輪を持ち上げるハンドルがあります。車輪は内側に倒れます。

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートの補助プレート

補助プレートも折り畳み時はフラットになるよう設計されています。
さすが日本メーカー。仕事が丁寧。

F-CART 2×4 フラットカートは車輪が収納可能

裏側のハンドルを上に持ち上げると車輪が開きます。

F-CART 2×4 フラットカートの後輪は磁石で固定できる

小さい方の車輪に備わる車輪ガードが磁石で荷台に固定できるようになっています。芸が細かい。

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートはこんな人におすすめ

F-CART 2×4 フラットカートはこんな方にオススメです!

こんな方にオススメ!

✅二輪・四輪の使い分けができる台車が欲しい方
✅台車を車に積むことが多い映像制作会社の方
✅一般的な台車とは一線を画すカッコイイ台車を使いたい方

花岡車輌 F-CART 2×4 フラットカートは二輪にすることで小回りが利きます。
四輪台車ほど邪魔にならないため、カメラバッグを電車で運ぶ時にも使えるかもしれません。(ちょっと大きいけど)

また、事務所から車へ撮影機材を運ぶ時はもちろん、屋外の撮影で舗装されていない道路でもF-CART 2×4 フラットカートなら問題なく通行できます。

フラットにして専用のカバーに包んで車に乗せることも簡単に出来てしまいます。
花岡車輌は一般的なデザインのカートもありますが、ちょっとカッコイイデザインのカートを使いたい方にはF-CART 2×4 フラットカートがおススメですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

ページ上部へ戻る