エントリー

EF16-35mm F4L IS USMを評価! Canon広角Lレンズレビュー

EF16-35mm F4L IS USM,評価

※2020年6月に更新しました。

Canonフルサイズレンズで広角レンズを選択するなら EF16-35mm F4L IS USM が人気です。
手ぶれ補正を備え、防塵・防滴仕様ということもあり、プロのフォトグラファーなら必須のレンズとされています。

Canon大三元レンズの一つとして評価が高いレンズですが、実際に使ってみるとどうなのでしょうか?
このエントリーではEF16-35mm F4L IS USM の特徴とネットの評価や撮影例をまとめてみました。

この動画では動画撮影用の交換レンズの選び方を、初心者さん向けに解説してみたのでぜひ合わせて視聴してみてください。

EF16-35mm F4L IS USMを評価! Canon広角Lレンズレビュー

長く写真撮影を続けていると経験するのが「過酷な環境下での撮影」というもの。

例えば悪天候の中での撮影は、どんなカメラマンでも一度は経験することでしょう。
そんな中では、撮影する本人はもちろんですが、使用するカメラやレンズにも一定のタフネスや機能性が求められます。

単に壊れにくいというだけではなくて、そういったハードな状況の中でも高いクオリティで撮影することが評価を大きく左右します。
特に、描写力と言った要素が重要になる場合、レンズ自体の性能が高い水準で求められます。
そんな環境下でオススメしたいのが、キャノンのLレンズです。

なかでも広角レンズ EF16-35mm F4L IS USM は人気のLレンズです。

Tonga2014-101

写真は flickr EF16-35mm F4L IS USM 作例から引用しています

EF16-35mm F4L IS USMの特長

レンズを汚れから守るフッ素コーティング、防塵・防滴の仕様などによって、過酷な環境下でもその機能を十全に発揮してくれます。

また、メーカーの中でも望遠機能には秀でたものがあるシリーズであり、その機能は撮影が難しい現場でのそれにマッチしています。
それでいて、手ぶれ補正の機能も充実しているために、瞬間的なシャッターチャンスも逃さず捉えることができます。

このように、タフネスと機能性、両方を備えたハイクオリティなレンズであるのが特徴です。

Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F4L IS USM

防塵・防滴仕様で環境を選ばない

手ブレ補正がよく効く

精細に撮れ、ボケも綺麗

EF16-35mm F4L IS USMの人気アクセサリー

Canon レンズフード EW-82

レンズポーチ LP1219

Canon レンズキャップ E-77II

Canon レンズダストキャップ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

ページ上部へ戻る