エントリー

3/17まで ドスパラのCP+出典記念特別モデル+α お買い得なパソコン5選

ドスパラでは2022年2月24日から3月17日まで、カメラ・映像の祭典「CP+2022」の開催期間限定で特別モデルを展開しています。

用意されたパソコンはすべてクリエイター用デスクトップ「raytrekシリーズ」で、写真編集や映像編集に対応できる高性能なパソコンとなっています。

お値段を抑えたお買い得なスペックが揃えられているほか、この期間に「raytrekシリーズ」のパソコンを購入した方に抽選でマウスやキーボードがもらえる特典も用意されています。

ここでは動画編集者の方向けに CP+出典記念 raytrek 特大キャンペーン中の特別モデルを含むおすすめのraytrek パソコンを5種類紹介します。

>>ドスパラのCP+出典記念モデル 紹介ページはこちら

raytrek ZV CP+出展記念モデル

ドスパラのCP+出展記念モデルの中でも、最新のインテル高性能CPUを搭載しながら価格が抑えられたバランスの良いパソコンがraytrek ZV CP+出展記念モデルです。

CPUは内蔵GPUを搭載したCore i7-12700Kとメモリは16GB PC4-25600の贅沢な構成です。
十分な帯域幅のメモリに、12GBのビデオメモリを持つ定番のグラボ GeForce RTX 3060 を合わせて4K動画編集も快適にできるスペックです。

起動ディスクに処理速度が速いM.2 SSD NVMe Gen4 1TBを搭載していてこのお値段は魅力的です。

ドスパラ

raytrek ZV CP+出展記念モデル

CPU:Core i7-12700K
メモリ:16GB PC4-25600
グラフィックス:GeForce RTX 3060 12GB GDDR6
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB Gen4

224,980円(税込)

>>CP+出展記念モデルのページを見る

raytrek XTM CP+2022出展記念 WiFi/Bluetooth対応モデル

次に紹介するのがWiFi/Bluetooth対応の低価格なデスクパソコンです。

グラフィックカードにGeForce GTX 1660 6GBを搭載し、さらに1TB容量のM.2 SSDを搭載しています。

フルHD動画編集に最適なCore i5-12400で、値段が10万円前半です。

コスパ重視でこれから動画編集の副業に挑戦したい方に最適です。

ドスパラ

raytrek XTM CP+2022出展記念 WiFi/Bluetooth対応モデル

CPU:Core i5-12400
メモリ:16GB PC4-25600
グラフィックス:GeForce GTX 1660 6GB GDDR5
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB

149,980円(税込)

>>CP+出展記念モデルのページを見る

raytrek X4-T

ドスパラのクリエイターノートパソコンのイラストレーター向け製品 raytrek X4-Tは低価格14型ノートPCを求める方に最高の選択です。

CPUは第11世代 Core i7-1165G7を搭載し、GPUは評判の良いインテル Iris Xeグラフィックスです。

とてもバランスの良いスペックでお値打ち価格!

YouTube動画編集に十分対応可能です。

ドスパラ

raytrek X4-T

CPU:Core i7-1165G7
メモリ:16GB PC4-25600
グラフィックス:インテル Iris Xeグラフィックス
ストレージ:M.2 SSD NVMe 512GB

119,980円(税込)

>>raytrek X4-Tの詳細を見る

raytrek R5-TA6

クリエイターノートのハイエンドモデル raytrek R5-TA6はCore i7-11800H搭載で、プロの映像制作会社向けのノートパソコンです。

4K60P動画編集にも対応できるスペックです。

ビデオカードにGeForce GTX 3060 Laptop GPU 6GBを装備し、32GBメモリ搭載。

GH5IIのようなプロ向けのハイエンドカメラで撮影したデータで編集するのに快適なスペックをお求めの方にはraytrek R5-TA6がおススメです。

raytrek R5-TA6

CPU:インテル Core i7-11800H 
グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX 3060 6GB 
メモリ:32GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 1TB 
液晶モニター:15.6型フルHDノングレア液晶

199,980円(税込)

>>販売ページを見る

raytrek MX

raytrek MXはraytrekシリーズのエントリーモデルです。

とはいえインテルCore i7-12700を搭載し、 ビデオカードはGeForce GTX 1650 4GBです。

メインストレージにM.2 SSD(NVMe)500GB、メモリも16GB PC4-25600でソツのない仕様です。

エントリーモデルなのにバランスがイイ!

このスペックで10万円前半。お買い得です。

raytrek MX-i5

ドスパラのCore i5-12400搭載クリエイターPC 
CPU:Core i5-12400 
グラフィックス:GeForce GTX 1650 4GB 
メモリ:16GB PC4-25600 
ストレージ:M.2 SSD NVMe 500GB

129,980円(税込)

>>販売ページを見る

ドスパラ CP+2022出典記念 raytrekキャンペーンで購入するならお買い得なパソコン5選 まとめ

こんな感じです!

ドスパラは国内生産と24時間サポートで購入以後もしっかりサポートしてくれます。

またCPUに最適な帯域幅のメモリを選んでくれているので、パソコンに詳しくない方も安心して使えるのでおススメです。

2022年にスタートダッシュをしたい動画編集者はドスパラのキャンペーンを利用して性能の良いマシンを手に入れましょう!

>>ドスパラ CP+2022出典記念モデル特設ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方PCメーカーの特徴を徹底解説マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る