エントリー

一眼中級者に大人気!AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの評判とは?

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,評判,評価

※2020年6月に更新しました。

より美しく鮮明な写真を撮りたいと願う一眼フォト中級者にオススメのレンズが、NIKONの「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」です。

超望遠の撮影を可能にするこのレンズが、なかなか近づけない遠い被写体をより身近にしてくれます。

どっしりとしたレンズの外観が印象的な本シリーズ。姿かたちからもわかるように、特徴的なのはその望遠機能です。

このエントリーではニコン望遠レンズ AF-S NIKKOR 200-500mm の特長と評判を調べてみました。

この動画では動画撮影用の交換レンズの選び方を、初心者さん向けに解説してみたのでぜひ合わせて視聴してみてください。

中級者に大人気!AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの評判とは?

この動画は『プロが教えるデジカメ撮影テクニック』の著者、プロフォトグラファーの三浦健司氏によるAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRのレンズレビューです。
動画は全部で5シリーズありますが、これからこのレンズを手に入れようと検討している方ならまずココで紹介する第一話をご覧ください。とっても分かりやすいです。

圧倒的にシャープなAF-S NIKKOR 200-500mmの描写

例えば、滑空する飛行機を撮影する時、近づくと逃げてしまうような小さな動物を撮影する時。

鮮明に撮影しようとするのはなかなか難しいものです。

基本的には、被写体をより鮮明に撮影するなら接近するのがセオリーですが、被写体によってはなかなかそういうわけにもいきません。

空に舞うオーロラに接近しようと言っても、なかなかそういうわけにもいかないでしょう。

だからと言って、「もっと鮮明に撮影したい」という欲求を諦めるのも悔しいものです。

難しいとわかっていても、なんとか撮影してみたいというのは写真家なら誰でも感じる当然の欲求でしょう。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRでは最大約500mmという破格の望遠機能によって、従来では考えられなかったような距離まで鮮明に撮影することが可能となります。

写真はニコン公式HPのAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの作品例を引用しています。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRをうまく使えば、遠くを飛ぶ飛行機のスモークまで鮮明に撮影する、背景をあえてぼかして、被写体となる動物を際立たせて撮影すると言った高度なテクニックを体現できます。

その圧倒的な望遠機能から、多くの撮影家たちから高評価を得ています。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの人気アクセサリー

レンズフード

レンズ保護フィルター

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

ページ上部へ戻る