エントリー

EF100-400mmがEOS上級者の持つべきレンズとされる5つのポイント

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM,評価

※2020年6月に更新しました。

写真撮影を長く趣味として続けていると、「もっときれいな写真が撮りたい」「イメージと違う」「どうしても手ぶれ補正に満足いかない」と言った不満を抱くことがあると思います。

それが自身の撮影技術の不足による場合もあるかもしれませんが、単純に使っているカメラ・レンズの機能が低いからという場合もあるでしょう。

そんな人にオススメしたいのが「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」です。

カメラは上級機なのに写りがイマイチと悩んでいるのなら、このレンズで全て解決します。

高級なレンズですが、上級者の高度な要求に全て応えてくれる非常に高性能なレンズで、ユーザーからの評価も高いです。

この動画では動画撮影用の交換レンズの選び方を、初心者さん向けに解説してみたのでぜひ合わせて視聴してみてください。

EF100-400mmがEOS上級者の持つべきレンズとされる5つのポイント

ユーチューバーのジェットダイスケさんの動画「キヤノン7D2と超望遠レンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM でブルーインパルスを撮る」ではEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM とEOS7D Mark2を使用して航空機を撮影した作例が紹介されています。動画4分40秒以降が特に参考になりますのでぜひ見てみよう。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM の特長

色収差がなくて鮮明な画質

レンズには「蛍石レンズ」というものを使用しています。
気になる色収差をほとんど取り除いてくれるこのレンズによって、限りなく被写体に近い鮮明な画像撮影を可能としてくれます。

手ぶれ補正機構搭載

また、手ぶれ補正の機能としてイメージスタビライザー機能を搭載。

レンズ内での補正によって手ぶれを最小に抑えるこの機能によって、撮影が難しい暗所や、手持ちでの撮影にも難なく対応してくれます。

フレア・ゴーストがほとんど出ないASCコーティング仕様

また、被写体に太陽が入ったりするとどうしても気になるのがフレア・ゴーストの発生ですが、本シリーズはそれにも対応しています。
「ASC」と呼ばれるコーティング技術によって、撮影の際の光の反射を最小限に抑えてくれます。

Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

納得の高画質!

前モデルから写り、AF、手ブレ補正すべてが改善した!

Canonズームレンズで今のところこれより写りの良いものはない

マクロレンズを思わせるシャープさ

重いのが難点。ハッタリは最強!

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは高級なレンズなので、購入するときはレンズ保護フィルターもぜひ合わせて購入しよう。
Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM用保護フィルター人気ランキングベスト5で人気の保護フィルターを紹介・解説したのでぜひ読んでみてください。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 人気のアクセサリー

レンズフード

レンズキャップ

レンズダストキャップ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

ページ上部へ戻る