エントリー

EDIUS 9のプロキシ編集が簡単すぎて感動!ノートPCで4K編集が快適!

※2020年11月に更新しました。

EDIUS Pro 9にはプロキシ編集という機能があります。

カンタンに言うと4Kのような高画質動画を低スペックのパソコンでも編集できる夢のような機能です。

ここではEDIUS Pro 9のプロキシ編集の流れと、プロキシ編集で失敗しないポイントを解説します。

動画編集用のパソコンとしてはちょっとスペック不足な感じのモバイルノートパソコンを使って検証しています。

mouse X4です。

EDIUS Pro 9には「持ち出し編集」っていうモバイルノートPCで編集するのにとっても便利な機能があって、ここではその機能も紹介します。

動画編集で使うノートPCはどんな性能のパソコンを買えばよいのか悩んでいる方はぜひ読んでみてください!


動画編集用途でノートパソコンの購入を検討している方向けに、ノートパソコンの選び方を動画で解説しました。 ぜひ視聴してみてください。

EDIUS 9ってどんな動画編集ソフトなの?

EDIUS 9は買い切り型の動画編集ソフトです。

ユーチューバー界隈のクリエイターさんはPremiere ProやFinalCutProを使っている方が多いです。

それに比べるとEDIUSは一見人気がなさそうですよね。

実はEDIUSは映像制作会社で今も広く普及しており、制作会社で仕事をした経験がある人にとっては定番の動画編集ソフトになっています。

EDIUS Proの特長

・使いこなすのが簡単
・EDIUSだけでディスク書き出しまでできる
・安定感がある
・Windows OS対応 Macは不可

完全日本語対応で動作も軽く、低スペックのパソコンでもそこそこ使える上に、EDIUSだけでディスク書き出しまでできます。

web動画制作以外はいまだにディスク納品することが多いので、その点でもEDIUSは根強い人気があるのかなあと思いますねえ。

ボクも今ではPremiere Proのほうが使用頻度が多くなっていますが、Premiere Proで不具合が起きて困ったときはEDIUSを使います。

EDIUSが最後の砦みたいな感じですよ。

EDIUS Pro 9のプロキシ編集のやり方

EDIUS Pro 9のプロキシ編集のやり方はEDIUS公式HPを見れば分かるようになっていますが、テキストだけで読む気がしない方のために詳しく解説しますね!

参考:プロキシファイルで編集する|EDIUS World


今回の検証で使ったパソコンはmouse X4で14型液晶のモバイルノートPCです。

動画編集向け..とまでは言えませんが、マウスコンピューターのビジネス用PCのX400シリーズ最上位モデルです。

このモバイルノートでフルHDの動画編集を行った場合、CPU使用率は18% メモリ使用率は5.9GB(37%)GPU(CPU内蔵)使用率は19%となりました。
サクサク快適にプレビューできています。

ところが、4Kクリップをタイムラインに乗せたときはCPU使用率がグンと上がり、40%前後を推移します。

1トラック編集でCPUの使用率がこのぐらいになると、プレビューはかなりカクカクとした動きになって、快適に編集できるとは言い難いです。

ではEDIUS Pro 9のプロキシ編集をしてみましょう。

EDIUS Proのメニューにある「モード」⇒「プロキシモード」を選択します。

そうすると、すでに読み込んでいる4K動画からEDIUSが自動的にプロキシを作成し始めます。

(自動的に作成したくない場合はコチラを読んでみてください。)

プロキシモードに設定した状態でクリップをシーケンスに載せると模様がついたクリップになっています。

この状態がプロキシ編集です。

プロキシモードをオフにするとシーケンス上のクリップの表示は通常時に戻ります。

プロキシモードの切り替えはいつでも可能です。

プロキシモードで4KクリップをプレビューしてみるとCPUの使用率が20%前後を推移するようになりました。

フルHD編集の時と同じように快適にプレビューできます。

EDIUS Proで作成したプロキシは元データと同じフォルダに生成されています。

ファイルサイズは元データの1/2~1/3ぐらいになります。拡張子は.proxyで、カメラで作成したプロキシデータと違って、ファイルを直接開いて再生することが出来ません。

EDIUS Pro 9の持ち出し編集とは?

EDIUS Pro 9にはプロキシ編集をさらに便利に活用できる「持ち出し編集」という機能があります。

参考:プロジェクトを別のPCに持ち出して編集する|EDIUS World

EDIUS公式HPでも解説してありますが、相変わらずテキストだけなので、ここで詳しく使い方を解説しますね。

メッチャ簡単です。

この動画はプロの映像クリエイターさんで人気のmetalzombiさんがEDIUS Proの持ち出し編集について解説しているYouTube動画です。
持ち出し編集がどんな機能のなのか良く分かるのでぜひ視聴してみましょう。

EDIUSの持ち出し編集は、デスクトップPCを使って主に動画編集しているけど、ノートパソコンを使って外で編集したい。

だけど手持ちのノートPCではスペック不足で作業ができない。という方に最適な機能です。

持ち出し編集はメインのPCからプロキシメディアを書き出して、そのファイルをノートパソコンに移動して動画編集を行います。

外から帰ってきてデスクトップにノートPCのデータを移して続きをデスクトップで行えます。

動画の元データを一切移動させていないので、無駄にファイル移動の時間がかかることもありません。

持ち出し編集のやり方


EDIUSの編集画面のメニュー「ファイル」⇒「持ち出し編集」⇒「チェックアウト」を選択します。

プロジェクトのチェックアウト画面が開くので、出力先のフォルダを設定します。

次にプロキシにチェックを入れます。

以下のデータはプロキシで出力せずオリジナルのコピーが出力されます。

  • タイトル
  • 静止画
  • アルファチャンネル付き素材
  • 音声ファイル

そして持ち出し対象を選びます。

通常はタイムラインのみで良いでしょう。

チェックアウトをする場合は「はい」を選択します。

これでOKです。

出力に時間はかかりません。とっても簡単ですよね。

出力したフォルダをノートPCに移動して動画編集を行います。


ノートPCで編集した後、メインのPCに戻すには、チェックアウトしたファイルを元のパソコンに戻してから元データのプロジェクトを開きます。

そうすると「持ち出し編集の確認」という画面が開くので「チェックイン」を選びます。

ノートPCで編集したプロジェクトを選択してチェックインを行うと、元データにノートPCで編集した内容が反映されます。

これで続きの作業をメインPCで続けることができますよ!便利ですね。

EDIUS Pro 9でプロキシ編集を使った感想

前回、Premiere Proでプロキシ編集をやってみましたが、EDIUS Pro 9のほうが簡単&作業速度が速いです。

特にプロキシメディアを編集ソフトで作成する場合、Premiere Proではメディア書き出しに時間がかかります。
(プロキシ作成はMedia Encoderを使います)

EDIUS Pro 9ではプロキシ編集モードにしてオリジナルデータを読み込めばすぐにプロキシメディアの作成が開始します。

書き出し時間もPremiere Proより速い感じですね。

過去にLUMIX G9 Proで撮影した4K動画をPremiere Proでプロキシ作成しようとした際に、エラーでプロキシデータを書き出すことができませんでした。

ところがEDIUS Proでやってみると簡単にできました。

Premiere ProとLUMIX G9のメディアファイルとの相性が悪いのかもしれませんが、EDIUS Proのほうがどんなファイルでも対応できる感じがあります。

持ち出し編集ができる点でもプロキシ編集はEDIUS Proが一歩優れているという感想ですね。

使用したモバイルノートパソコン


今回の検証で使用したパソコンのスペックは以下になります。

スペック表

CPU インテルCore i7-10510U
グラフィックス インテル UHD グラフィックス
メモリ 8GB ⇒ 16GBにアップグレード
ストレージ M.2 SSD 256GB SATA ⇒ NVMe対応にアップグレード
液晶モニター 14型 フルHDノングレア
重量 約 1.13kg
動作時間 約 1.13時間
価格 89,800円

マウスコンピューターのビジネス用モバイルノートPC X4シリーズの最上位モデルです。

フルHD動画編集なら問題なく使えるのですが、4Kは多分無理だろうな―。というスペックです。

実際に使ってみると、4Kオリジナルデータでは編集は難しいですが、EDIUS Pro 9のプロキシ編集なら十分対応できそうです。

>>mouse X4の販売ページを見る

EDIUS 9のプロキシ編集が簡単すぎて感動! まとめ

こんな感じです!

プロキシ編集は低スペックのパソコンでも4K動画編集ができるので、新しいパソコンを買う費用を捻出できない方やスタートアップの動画クリエイターの強い味方です。

やり方はそんなに難しくないので、ぜひ使ってみてください。

今回使ったモバイルノートPCは10万円ぐらいで買えるので、メインのデスクトップのサブ機として動画編集用のノートパソコンを探している方にはオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク


MotionElementsの10%割引チケットを入手する

映像コンサルから学ぶ動画の作り方講座

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
自己紹介:私は35歳で未経験から映像業界に転職しました。
Works:動画制作・ブロガー
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1.6万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書いています。

動画制作に興味がある方はぜひ読んでみてください!

動画編集用パソコンのススメ

動画編集用パソコンの選び方動画編集用PCのおすすめスペック動画編集用ノートPC選択5つのポイント

価格で選ぶときのポイント

10万円以内15万円以内20万円以内25万円以内30万円以内35万円以内40万円以内

4K高画質向けパソコン

4K動画編集用PCおすすめスペック4K動画編集はデスクトップが良い?4K編集向けの周辺機器

CPU

動画編集で快適なコア数とはCore i7Core i9Ryzen 5Ryzen 7Ryzen 9

グラフィックカード

グラフィックボードの失敗しない選び方動画編集でQuadroは必須なのか?動画編集用パソコンとGeForceの相性

メモリ

動画編集でメモリは32GBが良い?メモリ32GBと64GBの違いを検証

ストレージ

動画編集におすすめのSSD外付けハードディスクを選ぶポイント最適なストレージ構成

マザーボード

マザーボードを選ぶときのポイント

液晶ディスプレイ

液晶モニターの選び方4K液晶モニターはこの5つをチェック4K PCモニターの注意点キャリブレーターについて

CPUファン

動画編集向けPCのCPUファン選び方

映像編集向けモニターヘッドホン

MDR-CD900STは今さら買うべき?

編集ソフトに最適なモデル

Premiere ProでオススメのPCとは?After EffectsでオススメのPCとは?EDIUSでオススメのPCとは?DaVinci ResolveオススメPC

パソコンショップについて

動画用PCを買う時のお店の選び方PCメーカーの特徴を徹底解説マウスコンピューターのおすすめPC一覧DAIVとG-TUNEの違いパソコン工房のおすすめPC一覧ドスパラのおすすめPC一覧

ページ上部へ戻る