10万円以内~10万台前半のおすすめ動画編集パソコン

家電量販店に行けば、さまざまなメーカーのパソコンが店頭に並べられていますが、高額なのが痛いところ。

「予算を抑えたい」そんなユーザーの声も決して少なくはないでしょう。

ここでは、予算10万円以内~10万円前半で選ぶ動画編集パソコンを解説します。

ネット販売で購入できる激安パソコン

一昔前は30万・40万と高額だった動画編集用のパソコンも、いまや数万の予算でも購入できる時代となりました。
店頭で売られているパソコンでも10万円前後で購入でき、さらにネット販売では、激安モデルが大きな人気となっています。

このネット販売では、国内メーカーの最下位モデルや型落ちモデル、また海外メーカーに人気があるといいます。

格安なうえに性能が高いパソコンが手に入るなら、それに越したことはありませんね。

ですが、一概に安いといっても使う用途を考えて購入してもらいたいもの。
安くて性能が良いといっても、全てのスペックの性能が高いわけではありません。

安いがゆえに、どこかの1つ機能が特化していれば、それに反して別の個所が劣ることも事実です。

使う用途を考慮した選び方が重要

パソコンを快適に動かすためにはどのくらいのスペックが必要なのかを事前に知ることが大切です。
使う目的が動画編集なら、CPU・ストレージ・メモリなどに着目しましょう。

動画編集を行うには、基本的にはパーツごとにハイスペックが求められます。
予算が10万円なら全てのスペックを追求するのは無理な話。

例えばCPUのパワーを少し落としてストレージを確保するなど、妥協ポイントを見つけましょう。

最新型のCPUであればHDぐらいなら10万円以下でも十分対応できますよ。

BTOパソコンは、思い通りのパーツ構成が可能

BTO(ビルド・トゥ・オーダー)パソコンは、自分の求めるスペックを選んで構成できるのが最大のメリット。

自分の予算と希望に合わせた、思い通りのパソコンを手に入れることができます。

「CPUはCore i7で、メモリは最低限にしておこう」などと、各モデル許容範囲ですがカスタマイズが可能です。

このような臨機応変さは、大手メーカーにはない魅力ですね。

10万円以内~10万台で動画編集用パソコン探すときのポイント

10万円以下で探すならHD動画編集まで!

妥協が必要。10万円前半でCore i7も買えます

CPUに予算をかけよう

2018年 各パソコンショップの10万円以内~10万円台前半の動画編集用パソコン

BTOパソコンショップでも動画編集で使えるパソコンを10万円以下で探すのは選択肢が限られてきますが、高画質の動画を編集しないなど、妥協をすれば見つかりますよ。中でもBTOショップ別のオススメのパソコンを紹介します。

マウスコンピューターのクリエイターパソコン DAIV

DAIV-DGZ520S3-SH2-C2

RAW現像もレタッチもこなせるスタンダードデスクトップ!

CPU:インテル Corei7-8700 プロセッサー(6コア/ 3.20GHz/ TB時最大4.60GHz/ 12MB スマートキャッシュ/ HT対応)
グラフィックカード:GeForce® GTX 1050(2GB)

DAIV 公式ページ
icon

パソコン工房のクリエイターパソコン SENSE by iiyama

SENSE-R037-i7K-LN

第8世代Core i7とGeForce GTX 1050搭載クリエイター向けミドルタワーパソコン
CPU:Core i7-8700K
グラフィックカード:GeForce GTX 1050 2GB GDDR5

SENSE 公式ページ
icon

ドスパラのクリエイターパソコン raytrek

raytrek-V Adobe CC推奨モデル IM

ドスパラのAdobe CC推奨モデル 初心者モデル

CPU:インテル Core i5-8500 (3.00GHz-4.10GHz/6コア/9MBキャッシュ)
グラフィックカード:インテル UHDグラフィックス630 (CPU内蔵)

raytrek公式ページ

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る