エントリー

FE 24mm F1.4 GM 実写レビュー!発売前に試してみたよ。

FE 24mm F1.4 GM レビュー

いよいよ9/27より予約開始となりましたね。SONY Eマウント最高峰 Gマスターシリーズの広角単焦点レンズ FE24mm F1.4 GM。

9月21日より全国のソニーストアで発売前先行展示されるということなので、さっそくこのレンズを弄りに行ってテスト撮影してきましたよ。

撮影データも持って帰ることを許してもらえましたので、ここでレンズレビューとテスト写真を紹介します。

Gマスターレンズが重くて苦手なソニーαユーザーさんはぜひ読んでみてください。

SONY 広角単焦点レンズ FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM

FE 24mm F1.4 GM ってどんなレンズ?

FE 24mm F1.4 GMを装着したα7Ⅲ

Gマスターレンズはご存知ソニーミラーレス一眼用のフルサイズレンズで最上位シリーズの製品です。

高い解像力と美しいボケ味を両立させることができるソニーユーザー憧れのレンズですが、値段の高さと重量の大きさで手軽には使えないとも考えられています。

そんなGマスターシリーズ8本目となるのがFE 24mm F1.4 GM(SEL24F14GM)です。

FE 24mm F1.4 GM

24mmは広角となる焦点距離で、風景や星景写真で最適な画角が得られるいわゆる広角レンズです。

そんな広角レンズの中でも開放絞り値がF2.0以下のレンズはポートレート撮影で被写体である人物を際立たせながら背景を柔らかくボケさせることができます。

そのためプロのフォトグラファーさんの中には好んで開放F値が2.0以下の広角単焦点レンズを使う方が多くおられます。

SEL24F14GMのレンズ構成

出典:SEL24F14GM Lens Configuration|SONY UK

だけど広角レンズはレンズ内に構成されるガラス部品も多くて高価格になる傾向があり、さらにそのようなレンズの開放絞り値をF2.0以下にする場合、大口径のレンズになるのは不可避。さらに価格が跳ね上がります。

素晴らしい写真が撮れるレンズになるのはよーくわかるのですが…価格面で中々手が出せないレンズでもあるのですよねえ。

他社 24mmF1.4のフルサイズレンズ比較

Nikon 単焦点広角レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

メーカー価格285,000円

Canon 単焦点広角レンズ EF24mm F1.4L II USM
Canon 単焦点広角レンズ EF24mm F1.4L II USM

メーカー価格235,000円

シグマ Eマウント対応広角単焦点レンズ 24mm F1.4 DG HSM
シグマ Art 24mm F1.4 DG HSM

メーカー価格127,000円

このようにニコン・キヤノン・シグマの24mmF1.4広角単焦点レンズを価格で比較してみると(さすがにシグマは低価格ですが。) SONY FE 24mm F1.4 GMのメーカー価格198,000円は案外安く感じるかもしれません(苦)

いや。やっぱ高いわ( ノД`)

SONY FE 24mm F1.4 GM 一番のメリットとは?

α7RⅢに装着したFE 24mm F1.4 GM。軽い
SONY FE 24mm F1.4 GMを装着したα7RⅢを持ってみるとまず第一印象は「軽い!」です。
ソニーEマウントレンズは軽量コンパクトがウリですが、Gマスターレンズだけはどれも重量があって持ち運びには不便です。
気合を入れて撮影する日だけ持ち出すレンズですが、広角単焦点レンズ SEL24F14GMはGマスターレンズらしからぬコンパクトな筐体で外形寸法は最大径75.4mm、長さは92.4mm、重量は445gです。


FE 24mm F1.4 GMとシグマ24mm F1.4 DG HSMのサイズ比較

画像はhttps://camerasize.com/から引用しています

上の画像はシグマの広角単焦点レンズ24mm F1.4 DG HSMを装着したα7ⅢとSEL24F14GMを装着したα7Ⅲのサイズ比較です。

SIGMA 24mm F1.4 DG HSM SONY FE24mm F1.4 GM
最大径85mm × 長さ90.2mm 最大径75.4mm × 長さ92.4mm
質量 665g 質量 445g

シグマ 24mm F1.4 DG HSM は最大径85mm、長さは90.2mmとなっており、レンズサイズはあまり変わりませんが、重量は665gとなっております。

GマスターレンズSEL24F14GMのほうが200g近く軽い設計になっていますねえ。

FE 24mm F1.4 GMは445g

持ってみた感じもかなり軽いので、SONY フルサイズミラーレスらしさが一番わかるレンズかもしれません。

この軽さはFE24mmF1.4GMの最大のメリットでしょう。

これまでGマスターレンズが重いから持ちたくないと思っていた方には最適なレンズではないでしょうか。

絞りリングの制御が面白いFE24mmF1.4GM

FE24mmF1.4GMの絞りリング
FE24mmF1.4GMには絞りリングがあるのもありがたいところ。

開放絞りはF1.4から最小絞りはF16までとなっています。

絞りリングはクリック式でカチカチ段階的に回すことができます。
FE 24mm F1.4 GMの絞りリングクリック切替スイッチ
レンズの右下側にクリック式絞りのオンオフスイッチが用意されており、オフにすると滑らかに絞りリングを回すことができるようになっています。

このギミックは個人的に好きですね。愛用できそうなポイントです。

写真の時は絞り値がレンズを触った拍子に変わらないようにクリック式を選べばよいし、動画撮影の場合は反対に滑らかに露出が変更できるようクリック式をオフにして使えば良さそうですね。

最短撮影距離はどのぐらい?FE24mmF1.4は使いやすい?

FE 24mm F1.4 GMでピント合わせ
単焦点レンズがどのぐらい寄れるのか私はすごく気になるポイントなのです。

被写体にもっと寄りたい!って思って近づいたらフォーカスが合わなくてあら残念..ってイヤなんです。

広角単焦点レンズ FE24mmF1.4GM の最短撮影距離は24cm 最大撮影倍率は0.17倍です。

SONYストア大阪にあるお花にギリギリピントが合わせられる位置まで寄ってみました。ちょっと分かりにくいですが、上の写真のように花の花弁にピントが合っている状態です。

これ以上寄ると合わなくなります。FE 24mm F1.4 GM+α7Ⅲ
横から見た感じがこんなぐらいです。

私の感覚ですがけっこう寄れる~。と思いましたよ。

FE 24mm F1.4 GMで撮影した花の写真

クリックで拡大します

絞りf1.4 シャッター速度1/250 ISO200

最大撮影倍率が0.17倍でマクロレンズとまではいきませんが、高解像度な画質が得られるので α7ⅢのAPS-Cモードで撮影するか、α6500で撮影すればマクロレンズのような写真になるでしょうねえ。

Gマスター単焦点レンズ SEL24F14GM で実写!

FE 24mm F1.4 GM絞り最大開放で撮る
それではお待たせ。SEL24F14GM で絞り値を変えてテスト撮影してみます。まずは絞り値を最大開放で撮ってみます。

FE 24mm F1.4 GMテスト撮影F1.4

クリックしたら拡大写真に飛びます。

絞りf1.4 シャッター速度1/250 ISO200
写真はJPEG撮って出し。ちょっとハレ気味でスイマセン。
でも綺麗な玉ボケが確認できます。照明が逆光になるように撮りましたが非常にキレイにボケますね。

玉ボケは部分的にレモン形に歪んでいるところもあります。

安価なレンズだと輪っかが二重になる二線ボケが起きますが、SEL24F14GMでは二線ボケになりにくそうな感じがします。

FE 24mm F1.4 GMのMTF曲線
出典:SEL24F14GM Lens Configuration|SONY UK

上の表がMTF曲線です。データでは優れた逆光耐性のようですね。

GマスターシリーズはレンズにARナノコーティングが施されており、フレア・ゴースト抑制効果が強いレンズとして知られていますが、FE24mmF1.4GMも逆光耐性が強いみたいですね。
ホントは太陽光で検証したいのですが。

FE 24mm F1.4 GMテスト撮影F2.0

クリックで写真が拡大します

絞りf2.0 シャッター速度1/250 ISO200
では次に絞りを一段絞ってみました。さっきよりもグッとシャープになりタマボケもレモン形に変形なくキレイです。

ピントもすこしルーズに使えるので個人的には最大開放よりも好みかも。ボケはこれでも十分です。色の収差もなさそう。

後々気づいて後悔しましたが謎の16:9で撮ってますね。
スイマセン。この方がブログに載せるのに都合がいいんです。
FE 24mm F1.4 GM絞りF2.8で撮る最後にもう一絞り。F2.8です。

FE 24mm F1.4 GMテスト撮影F2.8

クリックで写真が拡大します

絞りf2.8 シャッター速度1/125 ISO200
これはFE24-70 F2.8GMで撮り慣れたいつもの感じです。

ボケ味はかなり減りましたがなんか落ち着いてみれる感じです。

FE 24mm F1.4 GMテスト撮影

クリックで写真が拡大します

絞り F1.4 シャッター速度1/500 ISO200

次に歪曲収差の確認も。引きの写真を撮ってみましたよ。水平合ってなくて残念ですが…

どうでしょう。歪曲収差の程度は?私はあんまりわからないです。

また、フルサイズのレンズは周辺光量落ちが起こりますが、このレンズについてはあんまり気にならないなーと私は思います。

FE 24mm F1.4 GMテスト撮影

クリックで拡大写真を確認できます

絞り F1.8 シャッター速度1/400 ISO200

何枚か撮ってみて、一番落ち着くのがF1.8と思いました。

F1.4はボケも強力ですが、ピント合わせが大変な感じがしましたよ。(個人的な意見ですが)

他にもたくさん撮りましたので、参考に見たい方は私の作例ページ FE24mm F1.4GMの作例 をご覧ください。

上の写真では照明の光もキレイな円形の玉ボケになり、ピント合焦点もシャープです。

色のりのよさはさすがGマスターです。インスタ映えしそうなお菓子や料理の写真が撮れそうですね。

気になるFE24mm F1.4GMのお値段は?

FE 24mm F1.4 GMの価格は?
気になるのがこのレンズのお値段です。

まだ発売前なのでお店にも価格が表示されていません(笑)
ソニーストアの店員さんに聞いてみるとソニーの会員になれば定価の10%引きで買えるそうです。

定価は198,000円+税ですが、一割引きとなると178,200円+税ってことかな?
現在(2018.9.29時点)ではSONY.jpで179,630円+税となっております。

参考:FE 24mm F1.4 GM|ソニーストア

SONY.comでは$1,399.99となっていますが日本円で買うとこんなに高くなるのですかね?

価格コムカメラのキタムラを確認してもSONYの提示価格に横並んでいます。

Gマスターレンズはこれまで販売開始後まもなく一時的に価格が下がって、その後また戻るという傾向があるので15~16万円台になったら買いなのかなー。と目論んでおります。

欲望に負けて予約購入してしまうかもしれませんがww
以上、FE24mm F1.4GM購入前レビューでした!

SONY 広角単焦点レンズ FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る