ENTRY

YouTubeのNikon Z7・Z6関連動画をまとめてみたよ

9/28に発売が予定されているNikon Z7を楽しみに待っている方もおられるでしょう。

先日私もNikon Z7実機を大阪のNikon PLAZAで触ってきましたよ。

参考:Nikon Z7の実機を触ってきた!デメリットを調べてみたよ。

ニコンの正式発表からユーチューバーさんの間でも話題になっていたので、ここではYouTubeにあるNikonZ7・Z6関連動画をまとめることにしてみましたよ。

Ilko AllexandroffさんのNikon Z7&Z6 関連動画

皆さんもご存知のイルコさんによるNIKON Z7 & Z6公表時の動画です。

光の魔術師イルコさんは玄光社から著書も出版されているプロのフォトグラファーさんです。

イルコさんはYouTubeでポートレートの撮影テクニックを紹介する動画をたくさんアップされており、人物写真を撮るのが好きな方はぜひチェックしておきたいユーチューバーさんです。

イルコさんはCanon機からSONY α7RⅢ・7Ⅲに乗り換えておられますので、さすがにNikon Z7は購入されないのかな~?と私は勝手に予想しています。

上の動画ではNikon Z7とZ6についてプロのフォトグラファー目線で使い勝手やメリット・デメリットを解説してくれています。

Nikon Z7の性能が詳しく分かるので、Nikon Z7がどのようなカメラなのか確認したい方はぜひ動画を視聴してみましょう。

ジェットダイスケさんのNikon Z7&Z6 関連動画

カメラ好きみんなのアイドル、ジェットダイスケさんもNikonZ7についての動画をアップしてくれています。

ジェットダイスケさんは実機を買って、レンタルして、使って見せてくれるのでカメラ関連のレビューならユーチューバーの中で右に出る者はいないんじゃないでしょうか。

Nikon Z7についてはNikonの発表会に参加し、体験されておられます。
私もネットのライブ配信でNikon Z7の発表は当日視聴しておりましたが、あまりにもじれったい動画でお昼の休憩時間が失くなってしまいました。

上の動画でジェットダイスケさんが短くまとめてくれているので非常に助かりましたよ。
動画3分10秒以降では実機のタッチアンドトライをレポートしてくれているので、ぜひ視聴してみましょう。

老人と文学社さんのNikonZ7&Z6 の考察動画

老人と文学社さんの「ニコンフルサイズミラーレス徹底考察」です。

横田ブンガクさんと武川オールドマンさん二人の掛け合いが面白いYouTubeチャンネルで、カメラや撮影機材についてのお話がメインです。

Nikon Z7・Z6を比較しながら、それぞれのカメラの特長、良い点・悪い点を解説してくれています。
Nikon Z7・Z6のシャープネス調整機能について詳しく解説してくれているのでぜひ視聴してみましょう。

uzumaxさんのNikon Z7 Z6 速報動画

ユーチューバーuzumaxさんの「Nikon Z7 Z6 速報動画」です。
uzumaxさんもカメラのレビューが多いユーチューバーさんです。
ここで紹介した動画内でNikon Z7の仕様を読み上げながら、ニコン公式情報の中にある初心者の方にとって難解な点を分かりやすく解説してくれています。

実はNikon Z7にはAF性能でひとつ気になる欠点があり、私もこの動画を視聴するまで見落としておりました。
動画5分以降でお話してくれているのでぜひ視聴してみましょう。

SankeiNewsのニコンファンミーティング2018 Nikon Z7 Z6

この動画はSankeiNewsのニコンファンミーティング2018 Nikon Z7 Z6お披露目会の録画です。
Nikon Z7 Z6のマウント径の大きさ、フランジバックが小さい理由がよく分かります。

この動画でも解説されていますが、Nikon Z7 Z6にはニコン初のボディ内手振れ補正が搭載となり、すべてのレンズでセンサーシフト式5軸手振れ補正が活用できます。

ということは光学式手振れ補正を搭載していないニコンレンズやオールドレンズでもブレのない画像を得ることが出来るようになるのは間違いなさそうです。

YouTubeのNikon Z7・Z6関連動画をまとめてみたよ まとめ

こんな感じです!

発売開始後はまたさらに色んなレビュー動画がアップされるのが予想されるので、作品例を確認してからNikon Z7・Z6を購入したい方は要チェックです。

発売当初は恐らくすぐに手に入れることができない可能性もあります。

メーカー希望小売価格(ニコンダイレクトショップ表示価格)は437,400円(税込)
ロマンあふれる価格ですね!

Nikon Z7は2018年9月14日から全国のニコンプラザで展示が始まっていますので、百聞は一見に如かず。ぜひ一度Nikon Z7を試しに行って触ってみてください。

こちらもオススメ⇒Nikon Z7の実機を触ってきた!デメリットを調べてみたよ。

Nikon Z7 ボディ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

映像でブランディングするプロの全手法を公開

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

カメラ本体・カメラ関連アイテムのレビュー依頼も受付いたします。こちらからお問い合わせください。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る