快適に動画編集できるパソコンにするビデオカード選びのアドバイス


動画編集は、作業の中でも特段にパソコンに負担がかかるものとなっています。

その負担に耐えられない低スペックなパソコンだと、カクカクした動きや、エンコードするにも莫大な時間がかかってしまう可能性もあります。

最悪、途中でフリーズなんてことも…。そうなるとストレス度はMAXになるのではないでしょうか?

そうならないためにも、画像の処理を高速で対応できる高性能なパーツ選びが重要です。

なかでもグラフィックカード(別名グラフィックボード・ビデオカード・GPU)の選択は4K、8Kと高解像度が進む中で重要な項目になっています。

このエントリーでは動画編集用パソコンに適応するビデオカードの選び方を解説します。

GPUは3つのメーカーが製造している

まずはビデオカードに搭載されている画像処理装置「GPU」について考えていきましょう。

このGPUは、Intel(インテル)・AMD(エーエムディー)・NVIDIA(エヌヴィディア)という3つのメーカーから販売されています。

まずはIntelですが、intelが開発しているGPUはCPUに内蔵されており、動画再生や3DCGの描写処理に性能を発揮します。

パソコンの一般的な画像・映像処理、例えば動画共有サイトの動画を見るとか、ブラウザを開いてWEBサイトを見るといった作業は内蔵CPUで事足ります。

これが全てのパソコンにグラフィックボードが搭載されていない理由とも言えます。

もしもパソコンでの目的に明確なものがなければ、グラフィックボードは搭載する必要がありません。

ビデオカードを購入するときはAMD社かNVIDIA社がオススメ


パソコンに大きな負荷をかけない使い方なら、CPUに内蔵されたGPU機能だけで十分です。

しかしAdobeのIllustratorやPhotoshopで画像処理をしたり、動画を編集するクリエイターが使うパソコンはビデオカードを拡張して画像処理速度を高めるのがベストです。

スマホも4Kで撮影できるようになっており、カメラの高解像度化が進んでいるので、合わせてパソコンの性能アップが欠かせません。

AMDのGPUってどうなの?

AMD社のRadeon(レイディオン)は、AMD社のCPUに内蔵されている他にも、単体でもGPUを開発しています。

オンボード上の描写処理は他社に比べても上ともいわれています。XboxやPS4にも採用されていて、低コストなのも人気の秘訣です。動画再生支援に強いのが特長です。

GPUの主流はNVIDIA

NVIDIA社の代表的なグラフィックカードであるGeForceは3D描写能力が高く、多くのパソコンに搭載されています。
特にノート型パソコンのほとんどはGeForceが搭載さ入れるようになっています。

コストパフォーマンスが高く、ゲームユーザーの間で人気があることから広く普及されるようになりました。

GeForceはDirectXとも相性が良いとされ、GPGPUを搭載したCUDA機能が備わっています。

ゲームでは背景・人物など、細かな描写処理への評価は高いと言います。

CUDA機能は動画編集の中でも特にクリップを細かくカットするような作業に威力を発揮することから、ユーチューバーや動画共有サイトの動画制作をするクリエイターに定評があります。

GeForceはドライバの更新頻度も早く、多くのユーザーから支持を得ています。

またNVIDIA社からはQuadro(クアドロ)も販売されています。

こちらのビデオカードはOpenGLに最適化されており、安定性もよく3DCG製作やCADが得意とするGPUです。

GeForceよりも費用の面で高くなることから、映像制作の中でもハイエンドな作業をするユーザー向けとされています。

ビデオカードは動画編集ソフトとの相性も重要

Radeon(レイディオン)は動画関連機能に優れ、3Dゲームへの描写処理ならGeForceが他社の頭を抜く性能を誇るGPUです。

またQuadroは、価格もさることながらプロの動画制作にも適しているといわれています。

高解像度やフレームレートの大きさ・高速なエンコードを求めるには、性能のバランスが重視されます。

それぞれのビデオカードに対応した動画編集ソフトウエアならパソコンへの負荷を軽減できるので、使うソフトとの相性を考えながら選んでください。

冷却機能・静音性に優れたものを

例えばNVIDIA社のGPUには、「GPU Boost」と呼ばれる自動オーバークロック機能が搭載されています。

これはクロックを定格以上に引き上げ(ブーストクロック)、GPUコアの負担軽減を狙ったものです。

またGPUが発熱し過すぎるとクロックを下げ温度の低下を図ります。
冷却機能が優れていれば、長い時間のブースト状態が維持され、最大クロックも上がるでしょう。

Radeonにも似たような機能が備わっていますが、GPUが発熱するとクロックが下がりますが、最大クロックは上がらないのが特徴です。

ビデオカードはAMDとNVIDIA以外にもたくさんのメーカーが取扱い販売しています。

NVIDIA GeForce1080Ti搭載のMSI グラフィックボード

MSI GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G グラフィックスボード

MSI デュアルファン付GeForce GTX 1080 Ti

これらのビデオカードはAMDもしくはNVIDIAのビデオカードに冷却装置を取り付けた製品です。

ビデオカードは冷却機能が性能を左右するともいわれていますので、メーカーごとに特色があるビデオカードが販売されています。

消費電力が小さく補助電源がないものやGPUの温度が上がり過ぎないようにデュアルファンや大口径ファンが備わっているものも数多くあります。
中にはトリプルファンが採用された製品も存在します。

GPUは、冷却はもちろんのこと静音の性能も重視されるので、各製品の特徴をつかみ購入するようにしましょう。

合わせて読みたい記事⇒動画編集パソコンをビデオカードで選ぶときのコツ

その他の合わせて読みたい記事

予算は最低でもいくら必要?動画編集パソコンのうまい買い方
GeForce GTX1080Ti搭載オススメ動画編集用デスクパソコン

マウスコンピューターのGeForce GTX1080搭載オススメパソコン

ここでは各パソコンショップで人気のNVIDIA GeForce GTX1080搭載のPCを紹介します。

DAIV-DGX750M1-SH5

4K解像度の動画像処理も快適な8コア+GTX1080搭載モデル

CPU:インテル® Core™ i7-7820X プロセッサー
グラフィックカード:GeForce® GTX1080 (8GB)

レビューを読む DAIV 公式ページ
icon

パソコン工房のGeForce GTX1080搭載クリエイターPC

SENSE-R037-i7K-VNR

パソコン工房の第8世代Core i7とGeForce GTX 1080搭載・クリエイター向けミドルタワーパソコン

CPU:インテル® Core i7-8700K プロセッサー
グラフィックカード:GeForce GTX 1080 8GB GDDR5X

パソコン工房 公式ページ
icon

ドスパラのGeForce GTX1080搭載クリエイターPC

raytrek-V XG-X

速さと快適さを追求した6コア12スレッドCPU 32GBメモリモデル

CPU:Core i7-7800X (6コア/HT対応/定格3.50GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8.25MB)
グラフィックカード:NVIDIA GeForce GTX1080 8GB
メモリ:32GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx4/4チャネル)

raytrek-V 公式ページ

ノート型PCが欲しい方はコチラもチェック!⇒GTX1080搭載のノートPCを調べる

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌野典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY PXW-X160 HXR-NX80 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る