ソニーa7S Mark2動画撮影マストアイテム バッテリーグリップ

MENU
スポンサーリンク
この記事は2017/8/1に更新しました。

ソニーα7S2は、ソニーのフルサイズミラーレスカメラの中で圧倒的な高感度を誇るカメラである。

ソニーα7SU,バッテリーグリップ,縦位置グリップ

 

前モデルから新たに手ぶれ補正機構が搭載され、暗いシーンでも手ぶれを気にせず安心して撮影できるようになった。

 

従って夜景シーンなどでますます活躍できるカメラとして高い人気を誇っている。

 

特に動画撮影を行うカメラマンに人気が高い。

 

ソニー デジタル一眼カメラ「α7SII」ボディ

 

ソニーa7S Mark2でマストアイテムのバッテリーグリップ

ソニーα7SU,バッテリーグリップ,縦位置グリップ

長時間撮影する場面が多いプロのカメラマンにとって、バッテリーの寿命はとても気になる。

 

一般的に、ミラーレスカメラの連続撮影時間や撮影枚数は、一眼レフカメラと比べると短い。

 

プロのカメラマンが頻繁に利用するバッテリー系のマストアイテムがバッテリーグリップだ。

 

ソニーα7S2に使用出来る専用バッテリーグリップはVG-C2EMだ。
VG-C2EMは専用バッテリーを2個同時に装着できる。

 

つまりバッテリーグリップを使用すれば、バッテリー交換をする暇がないプロの撮影現場で重宝する。
また、VG-C2EMは二個のバッテリーを搭載時はそれぞれのバッテリー残量が表示される。実に便利だ。

 

ソニーα7S2対応バッテリーグリップVG-C2EM

 

ちなみにソニーα7S2はバッテリーグリップに装着しているバッテリーパックのうち、残量が少ない方から使用するように制御されている。

残量が無くなった場合、自動的にもう1個のバッテリーパックを使用するようになる。

 

手ブレ防止に効く!バッテリーグリップ

ソニーα7SU,バッテリーグリップ,縦位置グリップ

また、バッテリーグリップは手ブレ防止にも役に立つ。

 

ソニーα7S2はボディが軽量化され、持ち運びにはとても便利だ。

 

しかし、軽量過ぎるボディは撮影時に手ブレを起こしやすい。
ある程度の重さと大きさがなければカメラを固定しにくいのだ。

 

このバッテリーグリップは縦撮り撮影する場合にも使用出来る。
装備することでカメラのサイズと重量は増し、ホールド感がアップするので、動画の手持ち撮影も十分に可能である。

 

ソニーα7S2対応バッテリーグリップVG-C2EM

 

バッテリー二個装填で撮影時間が倍になる

重みが増し、握りやすくなる

手ブレ補正が軽減される

 

バッテリーグリップを使用すれば、ソニーα7S2を安心して長時間使用することが出来る。
屋外での撮影が多い人にはぜひお勧めしたい。