PENTAX KP

PENTAX KPはAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラとしてリコーから2017年2月に発売された。

販売価格は10万円台。リコーはPENTAX KPを一眼中級モデルとしてリリースしているが、その性能はリコーのフラッグシップ機PENTAX K-1に勝るとも劣らない。

もっとも、フルサイズサイズセンサーを搭載したK-1と比べると、PENTAX KPはAPS-Cセンサーの解像度であり画質は劣るだろう。

しかし、機能面では最高でISO 819200という超高感度撮影を可能としており、手ブレ補正もK-1と同じ5軸5段手ブレ補正(SRII:Shake Reduction II)搭載している。

K-1ではできないお手軽な撮影や暗所での撮影がPENTAX KPで実現できるのだ。

このブログではPENTAX KPの長所・短所や撮影をサポートするアイテムを紹介しよう。

PENTAX KPの購入を検討している方は是非一度読んでほしい。

続きを読む

関連商品

  1. Canon EOS Kiss X80

    EOSには人気のエントリーモデル EOS Kiss X7があるが、それよりもさらに値段が安い価格設定になっている。軽量コンパクトで女性でも軽々持ち運べるほどで、コンデジを買うか?一眼レフを買うか?迷っている方にぴったりのカメラと言えよう。

  2. Canon EOSKISSX7

    Canon EOS kissx7 は発売して何年も経つのだが、未だに人気が衰えない一眼レフカメラだ。初心者のエントリー機として有名なEOS kissx7だが、その性能の高さと価格に見合わない描写力はこれまでプロ機を扱ってきたフォトグラファーにも人気がある。

  3. Nikon D5300

    Nikon D5300はすでに後継機となるD5500が発売されているにもかかわらず、依然として人気のあるモデルだ。2400万画素を超える解像度はいまだに色あせることを感じさせない映りを見せる。カメラ初心者にも扱いやすく、それでいて中級者も満足できる。

  4. Nikon D810

    ニコン史上最高画質を誇り、フルHDでノイズが少ない動画撮影も可能だ。D810はニコン最高機種にもかかわらずEOS5Dシリーズよりも安価で多くのファンを獲得している。万能で最強の一眼カメラだが、その機能には欠点がないわけではない。

  5. Nikon D5500

    NikonD5500は、ニコンの一眼カメラエントリー機とされているが、その性能の良さはネットでも非常に評判が良い。特にユーザーに支持されているのは軽量で扱いやすいことと、タッチパネル液晶が採用されている事だ。液晶パネルでフォーカス移動も可能だ。初心者にとってこんな便利な機能があると一眼レフの使用頻度も高まるに違いない。

  6. Canon EOS 6DmarkII

    EOS 6DMarkIIはCanonのフルサイズエントリーモデルという位置づけを継承しながら、どのように更新されたのでしょうか?ここではEOS 6DMarkIIの良い点はもちろん、あまりよくない点も確認しながら、買うべきカメラなのかどうか検証してみます。

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌野典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY PXW-X160 HXR-NX80 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る