Adobe premire CCの使い方が動画で学べるサイトです。

menu

動画で学べるpremirePro

この記事は2016.11.24に更新しました。

PremierePro CC はじめてのシーケンスの設定

05

PremierePro CCで動画を編集するときの基本設定で「シーケンスの設定」があります。

撮影した素材を単純につなげていくような動画編集をする場合は全く難しくありません。

ただ、WEBで表示するための動画を制作するときは様々な大きさに設定することがあります。
例えばスマートフォンに最適な縦長の動画を制作するときはシーケンス設定を変更することで作成することができます。

このエントリーでは一般的なシーケンス設定はもちろん、自由に動画のサイズを変更するシーケンス設定を解説します。

PremierePro CC はじめてのシーケンスの設定

この動画はYouTubeの【0から1のPremiere pro使い方講座】04シーケンス設定です。シーケンス設定について分かりやすく解説されていますのでぜひ見てみましょう。

まずPremiereProCCを使用するとき、まずは新規プロジェクトを作成します。

シーケンスの設定はこの時点で行うことができますが、プロジェクトを開始した状態でも行えますのでこの時点でシーケンス設定をする必要はありません。

112401

プロジェクトを開いた状態です。

PremiereProCCは複数のモニターで構成されています。

参考:Premiere Pro の画面構成、モニターが全く分からない人が読むべき4項目

112403

タイムラインモニターには「メディアをここにドロップしてシーケンスを作成します」と表示されています。

なので撮影した素材を早速タイムラインにドラッグ&ドロップしてみましょう。

112402

素材の読み込みはプロジェクトモニターで行います。

112404

プロジェクトモニターの上にカーソルを合わせて右クリックをすると「読み込み」があります。

クリックしてSDカードやハードディスクから必要な素材を選択します。

112405

まずは一般的なフルHDで撮影した素材を読み込みます。

ソニーPXW-FS5で撮影しています。解像度は1920×1080。フレームレートは60P(59.94P)で撮影しました。

①この素材をタイムラインにドラッグ&ドロップします。

112406

②すると自動的にシーケンスが作成されました。

PremiereProCCはタイムラインに素材をドラッグ&ドロップすることでクリップのサイズ(解像度)に最適なシーケンスを自動で作成してくれます。

同じように撮影した素材を並べて編集する場合はシーケンスの設定について難しく考える必要はありません。

問題は異なるサイズ(解像度)の動画を混ぜて編集する場合や、撮影した動画と異なる縦横比の動画を制作するようなときはシーケンスの設定が必要になります。

4KとHDを混ぜて編集するとシーケンスの設定はどうなる?

112407

同じプロジェクト内に4kで撮影した素材を読み込んでみます。

PXW-FS5で撮影した4K(UltraHD)です。解像度は3840×2160になります。こちらのフレームレートは29.97Pで撮影しています。

読み込んだ素材をシーケンスにドラッグ&ドロップします。

112408

シーケンスは一番最初に読み込んだ素材であるフルHDに最適な設定になっていますので、同じシーケンスに4Kの素材をのせようとすると警告が表示されます。

この状態で「現在の設定を維持」を選択するとシーケンスはフルHDに最適な状態のまま4K映像をのせることになります。

112409

4K映像はプログラムモニター上でトリミングされて表示されています。

112410

実際の映像は上のような感じで撮影しています。

最初に4Kに最適化されたシーケンスにフルHDの素材をのせると…

112411

4KサイズのシーケンスにHDサイズの映像が乗りますので、映像の周囲に黒バックができてしまいます。

普通は撮影前にどの解像度で撮影するか決めてから撮影するはずなので、実際にこのようなことで困ることはまずないと思います。

しかし間違って撮影した場合はこのような状況に陥りますので、そんなときは4KをHDに変換する必要があるでしょう。

シーケンスを自由に設定する手順と注意点

例えばスマートフォンで快適に見ることができる縦長サイズの動画を作成したい場合、スマートフォンのカメラ機能で撮影した素材を使うならシーケンスは自動で最適な設定になるはずです。

しかし、ビデオカメラや一眼カメラで撮影した16:9の映像から縦長の動画を作成するときはシーケンスの設定をカスタム設定にする必要があります。

112412

メニューの「シーケンス」→「シーケンス設定」を選択します。

112413

シーケンス設定のウィンドウが開きます。

まず①の編集モードを「カスタム」に変更します。

112414

次に②のタイムベースは基本的には撮影した動画のフレームレートと同じものを使用します。

WEBで使用する動画の場合、タイムベースは59.94か29.97 フレーム/秒に設定します。
今回は59.94を選択します。

112415

編集モードをカスタムにしている場合に限り、フレームサイズを変更することができます。

112416

例えばスマートフォンの画面のような縦長の動画にする場合は720×1280に設定します。

③のピクセル縦横比は正方形ピクセル(1.0)に設定します。

④の表示形式はタイムベースと数値を合わせるように59.94fps ドロップフレームタイムコードを選択します。

これで設定は完了です。OKをクリックするとシーケンス設定が反映します。

112417

プログラムモニターが縦長になり、上下に黒バックが見えてしまっています。

動画素材のサイズを調整して黒バックを非表示にてみましょう。

112419

①クリップを選択し、②エフェクトパネルの「モーション」から「スケール」を120%にすると③の上下の黒バックがなくなりました。

112420

位置の数値を変更することで縦長動画で表示させる部分を変更させることもできます。

112421

このようにシーケンス設定を変更することで撮影した縦横比とは異なる動画を自由に作成することが可能です。

フレームサイズ変更の注意点

フレームサイズを変更するとすべてのクリップをフレームサイズに合わせてモーションエフェクトでサイズと表示位置を調整する必要があります。

フレームサイズはクリップ(撮影素材)のサイズ(解像度)よりも小さくしましょう。

それでは次はクリップを並べて実際に動画の編集作業をしていくための手順と注意点を解説していきます。

Premiere Pro カット編集からムービー出力への大まかな手順も合わせて読んでください。

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。

Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
PremiereProCC単体なら2,180円/月で使えます。

PremierePro オススメ教本

Premiere Pro CC スーパーリファレンス

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンス for Windows&Macintosh がオススメです。
電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる

スポンサーリンク

関連記事

facebookページで新着記事チェック


すべての製品が使えるCreative Cloudコンプリートプランが 4,980 円/月 (税別)

運営会社情報

動画で学べるPremiereProCCは日本動画設計が運営しています。 HP:日本動画設計