Adobe premire CCの使い方が動画で学べるサイトです。

menu

動画で学べるpremirePro

この記事は2016.11.24に更新しました。

PremiereProCCヘルプよりも分かりやすいショートカット表

091201

PremiereProCCでよく使うショートカット まとめ

このエントリーではPremiereProでよく使うショートカットキーから知っておくと便利なキー操作を一覧にしています。
アドビのPremiereProヘルプページでもありますが、少々分かりにくいので私なりに分かりやすくしています。

表の下にいくほど上級者向きにしています。つまり上段のほうはすぐにでも覚えたほうが良いと思います。
私の備忘録でもありますが、ぜひ利用してください。

(ショートカットキーはWindows用です。Macの場合はAdobe Premiere Pro ヘルプ / Premiere Pro CC のキーボードショートカットを参照してください。

目的 キー操作
プロジェクトを保存する Ctrl+S
プロジェクトを別名で保存する Ctrl+shift+S
クリップの速度を変える(逆再生・デュレーションの変更などもこの操作) Ctrl+R
クリップの長さ(デュレーション)を変える Ctrl+R
 取り消し Ctrl+Z
やり直し Ctrl+shift+Z
すべてを選択 Ctrl+A
 選択したクリップの先頭に移動 ↑(矢印キー)
 選択したクリップの後に移動 ↓(矢印キー)
タイムライン上のクリップをカットする(切り分ける意味ではありません) Ctrl+X
 タイムライン上のクリップを切り分ける(再生ヘッドの場所で) Ctrl+K
タイムライン上のすべてのトラックのクリップを切り分ける(再生ヘッドの場所で) Ctrl+ Shift +K
選択したクリップのエフェクトをコピー&ペースト クリップをCtrl+Cでコピーし、効果をコピーしたいクリップを選択してCtrl+alt+V
タイトルを作成する (タイトルウィンドウを呼び出す) Ctrl+T
書き出しする Ctrl+M
ビデオトランジションを選択したクリップ間に適用する(デフォルト設定したトランジション) Ctrl+D
オーディオトランジションを選択したクリップ間に適用する(デフォルト設定したトランジション) Ctrl+Shift+D

この表と合わせて「Premiere Proで初心者が暗記したいショートカットキー10選」もお読みください。

今後も追記していきますのでぜひブラウザのお気に入りに入れてくださいね。

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。

Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
PremiereProCC単体なら2,180円/月で使えます。

PremierePro オススメ教本

Premiere Pro CC スーパーリファレンス

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンス for Windows&Macintosh がオススメです。
電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる

スポンサーリンク

関連記事

facebookページで新着記事チェック


すべての製品が使えるCreative Cloudコンプリートプランが 4,980 円/月 (税別)

運営会社情報

動画で学べるPremiereProCCは日本動画設計が運営しています。 HP:日本動画設計