Adobe premire CCの使い方が動画で学べるサイトです。

menu

動画で学べるpremirePro

この記事は2016.11.24に更新しました。

Premiere Pro の画面構成、モニターが全く分からない人が読むべき4項目

前回のエントリー「adobe Premiere Proを初めて使う人が知っておきたい5つのキホン画面」ではPremierePro初心者さん向けにPremiereの画面構成について解説しましたが、今回のエントリーでは各モニターの役割と使い方を解説いたします。

PremiereProで表示される各モニターの名称と使い方

monita
画面左下:プロジェクトモニタ
画面右下:タイムラインモニタ(オーディオメーターパネル)
画面左上:ソースモニタ
画面右上:プログラムモニタ

この動画はAdobeCreativeStationの「新しくなったソースモニターとプログラムモニター」です。
モニターの名称についてとても分かりやすく解説しているのでぜひ視聴しましょう。

プロジェクトモニター

091605

素材の一覧が確認できます。

また、エフェクト(効果)がつけられるエフェクトタブや、メディアブラウザータブもこちらに配置されています。

さらに、プロジェクトモニタでは素材が一覧となっているだけではなく、ショートカットキーを使用するなどすれば、簡単にカット編集ができます。

プロジェクトモニタでカット編集する

① 素材がいくつか取り込まれている状態で、左下にある「アイコン表示」ボタンをクリックします。そうすると、素材のサムネイル画面に切り替わります。
② カット編集したい素材をクリックします。
③ スライダーをインポイントに合わせてキーボードの「I」キーを押します。
④ 同じようにアウトポイントで「O」キーを押します。

091602

⑤ カット編集した素材をタイムラインへドラッグ&ドロップします。

ソースモニター

素材ひとつひとつの編集をしたり内容の確認をしたりするモニタです。
その素材のエフェクトを編集・管理できるエフェクトコントロールタブや、音量の編集・管理ができるオーディオミキサータブもこちらに配置されています。

タイムラインモニター

03

ムービーに使用する素材(クリップ)の構造を全体的に管理するモニタです。

プログラムモニター

ムービーの編集結果を確認できるモニタです。

Premiere Pro の画面構成、モニターが全く分からない人が読むべき4項目 まとめ

こんなかんじ!

ちなみに私はクリップをソースモニターで確認してカット編集するのではなく、タイムラインに一度すべて乗せてから、タイムライン上でカットしています。
その場合、ソースモニターはほとんど使わないのでモニターを小さく表示するか非表示にしています。

PCモニター1台で表示する場合は、不要なモニターは非表示にして使うときだけ表示するのも良い方法だと思います。

なるべくシンプルにすると作業効率が上がりますよ。

それでは次のエントリー「Premiere Proで撮影素材を取り込む手順」ではプロジェクトモニターに撮影した動画ファイルや映像素材をプロジェクトモニターに読み込む手順を解説しますね。

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。

Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
PremiereProCC単体なら2,180円/月で使えます。

PremierePro オススメ教本

Premiere Pro CC スーパーリファレンス

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンス for Windows&Macintosh がオススメです。
電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる

スポンサーリンク

関連記事

facebookページで新着記事チェック


すべての製品が使えるCreative Cloudコンプリートプランが 4,980 円/月 (税別)

運営会社情報

動画で学べるPremiereProCCは日本動画設計が運営しています。 HP:日本動画設計