Adobe premire CCの使い方が動画で学べるサイトです。

menu

動画で学べるpremirePro

この記事は2016.11.24に更新しました。

Premiere Pro CCで出来る4種類のトリミング

動画編集では、クリップの必要な部分をカットすることをトリミングと言います。

PremiereProCCには5種類のトリミング方法があります。

状況に応じて使い分ける事で作業スピードがアップします。
それでは4種類全てのトリミング方法を解説しよう。

Premiere Pro CCで出来る4種類のトリミング

この動画ではPremiereCS6のトリミングを解説してます。
PremiereProCCでも同じように利用できますので、ぜひ視聴しましょう。

ではタイムラインに必要なクリップが並んでいる状態からはじめていきましょう。

基本のトリミング

①タイムラインモニタ左にある矢印マーク「選択ツール」を選びます。

toriming0

②タイムラインの長さを調整したいクリップの端にカーソルを合わせクリック、ドラッグします。

toriming

このトリミング方法は最も簡単なトリミング方法ですが、トリミングしたクリップと
後のクリップの間に隙間ができます。

トリミングでできた隙間を調整しなければなりません。

自動で隙間を詰めてくれるトリミング

自動で隙間を埋めてくれるトリミング方法があります。
リップルツールです。

①タイムラインモニタ左にある「リップルツール」を選択します。
toriming2

②タイムラインの長さを調整したいクリップの端にカーソルを合わせクリック、ドラッグします。

編集に合わせたクリップのトリミング方法

後ろのクリップはトリミングしたクリップに合わせて前に詰つめられます。

toriming4

映像を確認しながらトリミング

プログラムモニター確認しながらトリミングをする方法もあります。
このトリミング方法であればさらに正確に自分の思い通りにトリミングすることができます。

①タイムラインモニタ左にある「リップルツール」を選択します。
toriming2

②ドラッグでトリミングしたいクリップ間を選択します。

toriming4

プログラムモニタ―にトリミングするクリップ間が表示されます。
toriming5

③映像上でクリック&左右にドラッグしてトリミングポイントを編集します。

これでプログラムモニタの映像を確認しながら思い通りのトリミングが行なえます。

前後のクリップを同時に編集するトリミング

あらかじめクリップ間を重ねて並べ、プログラムモニターを見ながら、思い通りにトリミングする方法がローリングツールを使用したトリミング方法です。

クリップをタイムライン上で重ねます。

①タイムラインモニタ左にある「ローリングツール」を選択します。

toriming7

②ドラッグでトリミングしたいクリップ間を選択します。
toriming8

③映像上でクリック&左右にドラッグしてトリミングポイントを編集します。

toriming9

Premiere Pro CCで出来る4種類のトリミング まとめ

PremiereProCCはより精度の高い動画編集が可能となりました。

以上4種類のトリミング方法はカンタンなので今すぐに憶えましょう。

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。

Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
PremiereProCC単体なら2,180円/月で使えます。

PremierePro オススメ教本

Premiere Pro CC スーパーリファレンス

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンス for Windows&Macintosh がオススメです。
電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる

スポンサーリンク

関連記事

facebookページで新着記事チェック

運営会社情報

動画で学べるPremiereProCCは日本動画設計が運営しています。 HP:日本動画設計