一眼ムービーに必須!撮影道具ベスト5を選んでみた(プロ・マニア向け)

一眼ムービーに必須!撮影道具ベスト5を選んでみた

SONY α7Ⅱは5軸手ぶれ補正を内蔵するミラーレス一眼カメラだ。
小型なのに一眼ムービーを撮影する映像マシンとして必要な機能をほとんど備えている優れたカメラである。

このエントリーではSONY α7Ⅱで一眼ムービーを撮影する際に便利な外付けの撮影道具を紹介する。
すべて純正外であるがSONY α7Ⅱに対応することは検証済だ。安心して参考にしてほしい。

縦位置グリップ(バッテリーグリップ)

dsc05918

縦位置グリップは本来カメラを握りやすくし、縦位置で構えても横位置と同じようにシャッターが押せるようになるスナップカメラマン用のオプション品だ。
だがSONY α7Ⅱはバッテリーの消耗が激しく、ムービー撮影で利用する場合バッテリーの交換頻度が多くて煩わしい。

そこで便利なのがこの縦位置グリップだ。

dsc05908
バッテリーを二個搭載することができる。

dsc05911
画面表示ではバッテリー表示が二個になり、消耗しているバッテリーがどちらであるかも確認できるようになっている。
(写真では片方の電池が空の状態だ)

SONY純正品のVG-C2EMが理想的だが、予算が厳しい場合は互換製品でも問題ない。

私も実は互換製品を利用している。全く問題なく利用できている。
要はバッテリーが2個同時に補填できさえすればよい。

互換製品を利用して間もなく不具合が生じ返品した。
不具合の症状は電源をつけっぱなしにしていると、勝手に録画が始まったり止まったりする。

ファームウェアのアップデートを考慮されずに設計され、不具合が出ている可能性がある。
やはり電子部品であるバッテリーグリップは互換製品はやめておいた方がよさそうだ。

外付けのガンマイク

SONY α7Ⅱには内蔵マイクが備わっているが、一眼カメラは音の収録はビデオカメラほど良くない。
なので、音収録も必要な撮影では外付けマイクが必須となる。

外付けマイクで有名なものではゼンハイザーが有名だが、一眼向けのマイクならRODEだろう。

rode
RODEショックアブソーバー付きのガンマイクだ。

一眼レフカメラの場合、ズームやオートフォーカスの振動音まで拾ってしまう場合がある。
このような振動音を軽減してくれるのがRODEマイクだ。

ちなみにショックアブソーバーはライコート社製である。

RODE VideoMic GO コンデンサーマイク RODE VideoMic Rycote コンデンサーマイク
rode
電池不要、カメラの電源を利用するタイプだ。
VideoMic GO コンデンサーマイク Amazonの価格と口コミを調べる
rycote

電池が必要。ダイナミックレンジが広く音質が良い。
Rycote コンデンサーマイク Amazonの価格と口コミを調べる

α7Ⅱは電池消耗が激しいため、私は電池が必要な右のタイプを選択している。

スタビライザー・リグ

一眼ムービーを手持ちで撮影する場合、気になるのが手ぶれだ。
SONY α7Ⅱには5軸手ぶれ補正があるので他の一眼カメラよりもムービー撮影時の手ぶれは気にならないようになっている。

しかし、撮影者の腕が良ければさらに安定した動画になるのは間違いない。

edelkroneのポケットリグがあれば一眼ムービーは技術を伴わなくても安定した動画が撮れる。

edelkrone ポケットリグ 販売ページ
実はポケットリグに近い商品でカムコーダーサポートがある。
com
長さも調整出来て結構使える。
しばらくはこれで代用し、お金が貯まったらedelkrone ポケットリグを用意しようと考えている。

ビューファインダー

一眼カメラは液晶のモニターでモニタリングする。
屋外では液晶モニターは見にくい。特に夏場は太陽の位置が高いので液晶モニターでの確認はほとんど不可能だ。

そんな場合に便利なのが外付けビューファインダーである。
液晶ファインダーを屋外で確認することができるのだ。

zakuto

また、頭部(顔?)と腕の三点で固定できるので、ムービー撮影時のカメラ固定にも役に立つ。

viewfinder
ビューファインダーにはNeewer S6 3X光学倍率折り畳み式ファインダーのようにすぐに取り外すことができるタイプがオススメだ。

私はバッテリーグリップを装着しているので上の製品が使えないため、こちらで代用している。保護ガラスにマグネットを接着し、ビューファインダーを取り外しできるタイプだ。
NEEWER 4:3 3インチ LCD/液晶フード ビューファインダー Sony対応

NDフィルター

SONY α7Ⅱは高感度撮影に威力を発揮するカメラだ。
ムービー時のISO感度は最大25600まで上げることができる。ノイズも気にならない。

ところが屋外の撮影では、反対に光が強すぎて白飛びしてしまう。
感度を下げてレンズのアイリスも絞り、シャッタースピードを速くして明るさを調整する。

その場合、なるべくアイリスは開放してシャッタースピードを速くして一眼ムービーのボケ味を損なわずに撮りたい。

そこで便利なのがNDフィルターだ。

動画はライトクラフト社によるNDフィルター有と無の場合の撮影比較だ。
結論を言ってしまうと、NDフィルターを使用して撮影したほうが一眼のボケ味を損なうことなく良い一眼ムービーを撮影することができる。

NDフィルターはレンズ面に装着するタイプが一般的だが、私が利用するNDフィルターは異なる。
マウントアダプターにNDフィルターが内蔵されている。

mounto7
フォトディオックス社製のVizelex ND スロットルレンズアダプターだ。

SONY α7ⅡはEマウントレンズを装着できるが、Eマウントレンズはまだ数が少なくて値段も高い。

fotodiox

このNDフィルター内蔵のマウントアダプターを利用すれば、CanonのEFマウントを使用してボケ味のある一眼ムービーが撮れる。

一眼ムービーに必須!撮影道具ベスト5を選んでみた まとめ

一眼ムービーは低予算で撮影できると考えられているが、このようなオプション装備を準備すれば結構な費用がかかる。

Canon EOS C100 SONY PXW-FS5

C100

キャノン製シネマカメラ C100 レンズ交換式 本体価格60万円前後

FS5

ソニー製シネマカメラ 対応レンズはEマウント 本体価格は68万円前後

EOS C100やSONY PXW-FS5が意外とバリュー価格であることにも気がつくかもしれない。

それでは以下のページも参考に、ぜひα7Ⅱで一眼ムービーにチャレンジいただきたい。

α7Ⅱが最強の動画撮影マシンである理由(プロ・マニア向け)
SONY α7Ⅱで一眼ムービーを撮るならやるべき設定5選(プロ・マニア向け)

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る