マウントにはプラスチック製のものがありますが、大丈夫でしょうか?

マウントにはプラスチック製のものがありますが、大丈夫でしょうか?

通常、レンズのマウント座金は真ちゅうやステンレスなどの金属の管材から割り出します。
そしてバヨネット爪の加工、固定用のねじや連動ピンなどのための穴開けといった加工を施し、クロームメッキ処理などの工程を経てレンズに取り付けられます。

それなりに手間もコストもかかりますし、重さもありますから、コストダウンや軽量化には適してないといえます。

対してプラスチックはモールド成形で後加工もほとんど不要です。
金型は高価になりますが、大量生産する場合は加工が必要な金属製よりも低コストですし、軽くできるのもメリットです。

カーボンやガラス繊維を混ぜるなどすることで強度を得ることもできます。
ただし、耐久性の面では金属にやや劣る部分もありますので、レンズ交換の頻度が高いのであれば、金属製マウントのレンズを選ぶ方が安心感は高いと言えます。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る