手ブレ○段分とはどのような意味ですか?

1334774f4648bb1e2732393edf911f45_s

手ブレ○段分とはどのような意味ですか?

いわゆる手ブレの限界(35ミリ判換算の焦点距離分の1のシャッター速度)が手ブレを起こさない目安ですが、
手ブレ補正機構を利用すれば遅いシャッター速度でも手ブレを抑えられます。

手ブレ補正の効果が高ければより遅いシャッター速度でも手ブレは起きませんが、効果が低ければあまり遅いシャッター速度は使えないことになります。

手ブレ補正の効果の強弱を表すのに使うのが「シャッター速度○段分」という尺度です。

通常、手ブレ補正を使わずに手ブレ限界のシャッター速度で撮った時のブレずに撮れた成功率を基準に、手ブレ補正のオンオフで同じ成功率となるシャッター速度と手ブレ限界のシャッター速度で表します。

例えば、手ブレ限界が1/125秒でブレずに撮れる成功率が80%の時、手ブレ補正を利用して成功率が80%となるシャッター速度が1/30秒であれば、手ブレ補正効果は「手ブレ限界からシャッター速度2段分」ということになります。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る