GeForce GTX1050搭載オススメ動画編集用ノートパソコン


グラフィックボードはこれまで2大メーカーであるAMDとNVIDIAによって熾烈な市場争いが行われてきました。

なお、ノート型パソコンはNVIDIAが独占しつつあります。
特にNVIDIAのGeForceシリーズは、コストパフォーマンスの高さでゲーミングパソコンに最適とされ、GeForceシリーズは徐々に画像・動画編集を主目的としたクリエイターパソコンにも普及しています。

GeForceシリーズの低価格モデルであるGTX1050は小型+安価でノート型パソコンと相性が良く、動画もゲームもやりたいアマチュアのクリエイターに人気のノートパソコンに搭載されています。

ここでは、GeForce GTX1050が搭載された動画編集ノートパソコンとは、どのような能力を持っているのか?

そしてパソコンショップでオススメのGTX1050搭載ノートPCを紹介しましょう。

GeForce GTX1050の特長

まずGTX1050は、上位モデルGTX1080と同じアークテクチャ「Pascal」を採用しているミドルレンジのグラフィックボードです。

省電力として補助電源コネクタが不要なモデルであり、同時マルチプロジェクションやAnselに対応しているのが特長です。

参考:ゲーム世界を自由に撮影できる機能「Ansel」がついに離陸|4GAMER.NET

DirectX12に対応したゲームをフルHD画質で楽しむことができます。

GTX1050搭載した動画編集ノートパソコンに最適な環境

動画編集をするにあたって、エンコードなどの作業はCPUに大きな負荷がかかります。

だからこそ動画編集を主としたクリエイターパソコンはCPUの性能が重視されるのは必然的だといえます。

Intel社ならCore i5でも動画編集できますが、エフェクト効果を多用した複雑な動画や4K高画質の動画を扱うならi7の上位モデルがおすすめです。

その場合はグラフィックカードもGTX1050よりさらに上のクラスを選んでおいたほうが良いです。

また、ストレージの容量・種類も重視しましょう。

1TBという大容量のHDDに加えて、SSDを搭載しているなら最適な環境と言えるでしょう。

動画編集がパソコンにかかる負荷が大きいという根底的なものを考えると、冷却機能や拡張性に優れたデスクトップ型のほうがメリットが大きくおすすめです。

しかし、パソコンを持ち運びをする状況がある。もしくは撮影場所ですぐに編集作業を行いたいという場合はノートパソコンが優位になりますね。

GTX 1050はYouTubeの動画制作が主になるアマチュアクリエイター向けと言えます。

それでもCPU上位モデルを搭載したノートパソコンであれば意外と使うことができるでしょう。

GeForce GTX1050搭載の動画編集用ノートPCを選ぶときのポイント

消費電力を抑えたミドルレンジ向けのビデオカードです

フルHD動画編集ならGTX1050でも対応できます

ライトゲームや動画視聴に最適

2018年 GeForce GTX1050搭載のオススメノートPC

動画編集をメインにパソコンを使用するなら割安になるデスクトップPCを選びましょう。

GeForce GTX1050を搭載したクリエイター向けのノートパソコンは10万~15万円が相場です。

ハードディスクが内蔵しているものを選ぶほうが良いですよ。

合わせて読みたい記事⇒GeForce GTX1050のデスクトップPCを探す

マウスコンピューターのGeForce GTX1050搭載クリエイターPC

DAIV-NG4500U1-M2S10-C2

DAIVのクリエイターノートPC GTX 1050搭載モデル

CPU:Core™ i7-7700HQ
グラフィックカード:GeForce® GTX 1050(2GB)
SSD:1TB SerialATAIII M.2規格

DAIV 公式ページ
icon

パソコン工房のGeForce GTX1050搭載ノートPC

SENSE-15FX088-i7-LXSVI

第7世代Core i7とGeForce GTX 1050 Ti搭載15型フルHD クリエイター向けノートパソコン

CPU:インテル® Core i7-7700HQ
グラフィックカード:GeForce GTX 1050 Ti 4GB GDDR5
SSD:250GB NVMe対応 M.2
HDD:1TB Serial-ATA

SENSE 公式ページ
icon

ドスパラのGeForce GTX1050搭載ノートPC

raytrek GKF1050TNF

ドスパラのRAW現像対応モデル

CPU:Core i7-7700HQ (4コア+HT対応/定格2.80GHz/最大3.80GHz/L3=6MB)
グラフィックカード:GeForce GTX1050 Ti 2GB + インテル® HD グラフィックス630(Optimus™ 対応)
SSD:250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
HDD:1TB (5400rpm)

raytrek 公式ページ

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌野典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY PXW-X160 HXR-NX80 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る