EDIUS初心者向け EDIUSの使い方が動画で学べるサイトです。

menu

動画で学べるEDIUS Neo&PRO

この記事は2017.9.14に更新しました。

EDIUS初心者の私が動画編集速度を2倍にした5つのテクニック

このエントリーでは、私がEDIUSを使い始めたばかりの頃にEDIUSでの動画編集スピードをアップさせるために憶えたことをまとめました。

EDIUSの基本操作が分かってきたら、次はいかに動画編集の時間を短縮するか考えましょう。

EDIUS動画編集の基本的な流れ

EDIUSでは映像ファイルのことを「クリップ」と呼んでいます。
では、このクリップをタイムラインに並べて編集していきましょう。

編集したい動画クリップをビンウィンドウに取り込む

編集したいクリップを選択してドラッグ&ドロップしてタイムライン上に置きます。
audio02

タイムラインでは、オーディオ付きビデオクリップを置くエリアをVAトラック
タイトルクリップを置くエリアをTトラック
そしてオーディオクリップを置くエリアをAトラックといいます。

up

ビンウィンドウにはビデオクリップだけでなく、静止画や音声といった素材を登録しておき、必要に応じて編集することができます。
「クリップを追加」ボタンから素材を追加しましょう。

up01

ビンウィンドウにクリップを追加するときに便利なショートカットキーが「ビンを選択」して「Ctrl+O」です。

よく使うショートカットなので憶えておきましょう。

編集作業はタイムライン上で行ないます。

タイムライン上に乗せられたクリップのプレビューがプレビューウィンドウに表示されます。

up02

再生、1コマ再生、早送り、巻き戻しなどが操作できます。
タイムラインスケールでは、タイムラインの長さを調節できます。

クリップの移動はドラッグ&ドロップで簡単にできます。

クリップの不要な部分をカットする

クリップの一部削除をしたい場合はカットしたい位置にカーソルを合わせて「カットポイントの追加」から切れ目を入れます。

up03

不要な映像の前後に切れ目を入れて不要部分を削除することで編集作業を進めていきます。

また、タイムライン上でキーボードの「C」を押すことでカットすることもできます。

編集しているタイムラインを俯瞰して見る

タイムライン上に次々にクリップを並べているときに便利なのがフィットモードです。
フィットモードにすると、タイムラインが全体表示に切り替わります。

up06

フィットモードにするにはタイムラインスケールの下部分のボタンをクリックします。

動画の再生はマウスクリックを使わない

動画編集中に何度もテスト再生します。
再生ボタンはマウスではなく、「Space」ボタンを押して行います。
up05

必ず覚えたいEDIUSショートカット

EDIUSの編集作業中、一つ前の作業に戻りたい場合は「Ctrl+Z」

「一つ前に戻る」を取り消したい場合は「Ctrl+Shift+Z」で取り消すことができます。

up07

このショートカットも頻繁に使うので今すぐに憶えましょう。

その他、EDIUSでよく使うショートカットはEDIUSショートカット一覧ページを用意していますので確認しておきましょう。

EDIUS初心者の私が動画編集速度を2倍にした5つのテクニック まとめ

動画編集は書き出しや読み込み、転送に時間がかかります。
優れた動画クリエイターは完成(納品)までの時間を少しでも短縮するように工夫をします。

今回紹介したショートカットはEDIUSの機能のほんの一部です。

なるべくマウスを使わずにキーボードだけでEDIUSを操作できるようになれば、作業スピードはグンとアップしますよ。

【EDIUSを動画で学ぶ】EDIUS基礎講座目次ページに戻る

ディスク書き出しまでできるEDIUSがおすすめです

EDIUS PRO8 オススメ教本

EDIUS PRO8は舞台、講演会やブライダル、幼稚園のイベントなどの撮影に携わる映像会社で広く利用されている動画編集ソフトです。
操作も簡単でこれ一本でDVDやブルーレイディスクに書き出すことができるのでこれから映像制作に携わる人に最適なアプリケーションです。
基本から学ぶならEDIUS Pro 8 実践講座 (速読・速解シリーズ)これ一本でOK。

スポンサーリンク

関連記事

facebookページで新着記事チェック

運営者情報


動画で学べるEDIUS Neo&PROは日本動画設計が運営しています。
HP:日本動画設計