EDIUS初心者向け EDIUSの使い方が動画で学べるサイトです。

menu

動画で学べるEDIUS Neo&PRO

この記事は2017.9.14に更新しました。

【EDIUS初心者必読】映像データのキャプチャ手順

EDIUSではビデオカメラやSDカードから映像データをパソコンに取り込むことをキャプチャと呼んでいます。

このエントリーではEDIUS初心者さんのための映像データ取り込み手順を解説いたします。

ソースブラウザに取り込み

ビデオカメラ内の映像データをEDIUSにキャプチャする方法を解説します。

ビデオカメラにSDカードなどを指し込んでそこに映像データを記録していくビデオカメラに適用されます。

パソコンでEDIUSを起動させ、「最近使ったプロジェクト」から保存したプロジェクトを選択して「開始」をクリックします。
ソースブラウザをクリックします。

次にビデオカメラとパソコンを接続します。
専用ケーブルでビデオカメラとパソコンを接続してから、ビデオカメラの電源をオンにします。

EDIUSのソースブラウザウィンドウのリムーバブルメディア下部をクリック。
data01
ビデオカメラ内部のファイルを表示します。

ファイルをダブルクリックするとプレビュー映像を見ることができ
data02

右クリックするとプロパティを閲覧できます。
data03

ビンへ登録

ソースブラウザでEDIUSにキャプチャしたい映像を選択して「ビンへ登録と転送」をクリックすると映像ファイルがキャプチャされます。
bin
複数のファイルを一度にキャプチャしたい場合は、Ctrlを押しながら複数のファイルを選択することができます。
選択したファイルがパソコン内のプロジェクトフォルダにコピーされ、ビンウィンドウにも登録されます。

キャプチャする映像ファイルを間違えてしまった場合は、ソースブラウザ上部の青いボタンをクリックして、起動したウィンドウの「一時停止」をクリック、中止したいファイルを選択してから「削除」を押します。

これでビデオカメラ内の録画データをEDIUS内にキャプチャできましたので、編集していきます。

映像データのキャプチャ手順まとめ

映像データの取り込みはファイル容量が大きいほど、時間がかかります。

AVCHD(フルハイビジョン)データで編集が主流になっていることは「EDIUSを初めて起動させるときに必ずやっておきたい重要なコト」で解説いたしましたがプロの映像制作の現場ではDVテープに収録するビデオカメラもまだまだ現役です。

その理由は、SDカードをはじめとするデジタル記録メディアはちょっとしたことでデータが破損することもあるので、失敗が許されないプロの映像制作ではDVテープ収録が未だ欠かすことができないからです。

EDIUSではファイルベースの映像制作はもちろんDVテープの映像編集も可能です。

テープで記録した動画をEDIUSで編集するときの3つの手順と基本設定」も合わせてご覧ください。

【EDIUSを動画で学ぶ】EDIUS基礎講座目次ページに戻る

ディスク書き出しまでできるEDIUSがおすすめです

EDIUS PRO8 オススメ教本

EDIUS PRO8は舞台、講演会やブライダル、幼稚園のイベントなどの撮影に携わる映像会社で広く利用されている動画編集ソフトです。
操作も簡単でこれ一本でDVDやブルーレイディスクに書き出すことができるのでこれから映像制作に携わる人に最適なアプリケーションです。
基本から学ぶならEDIUS Pro 8 実践講座 (速読・速解シリーズ)これ一本でOK。

スポンサーリンク

関連記事

facebookページで新着記事チェック


EDIUSの実践的な使い方を学ぶならこの教本がオススメ!
EDIUS Pro 8 実践講座 (速読・速解シリーズ)

運営者情報


動画で学べるEDIUS Neo&PROは日本動画設計が運営しています。
HP:日本動画設計