動画編集用パソコンでCPUはココをチェックしよう


パソコンの頭脳となるのがCPUという中央処理装置です。
動画編集において快適な動作環境を求めるなら、その性能に最も目を向けなければいけない重要なパーツです。

高い処理能力が求められる動画編集においても要となるCPU。

ここではCPUのスペックに記載されている要素に着眼してみます。

CPUの性能・特徴を知り、動画編集に最適なパソコンを手に入れたいものですね!

まず見る部分は、コア・動作クロック・スレッド!

CPUのスペックの目安となるのが、コア・動作クロック・スレッドです。

まずは、CPUの中枢部分といえるコア。
命令の取り込み演算処理を行う回路ですが、コアが複数になれば同時に処理を行い、それに比例して処理速度もあがります。

スレッドは、CPUの命令を処理する単位です。1コアに対して1スレッドずつ実行しますが、HT(Hyper-Threading)対応のCPUでは、1コア当たり2スレッド処理することが可能です。

そして動作クロック。これは別名として、クロック周波数・動作周波数ともいわれています。

Hzで表されるこの数字は、CPU内部の回路が処理の動作にタイミングを合わせるために用いる信号が、1秒間に何回発生したかを示す値のことを指します。

クロック単位:1秒当たりのクロック発生回数
1Hz:1回
1KHz:1000回
1MHz:100万回
1GHz:10億回
1THz:1兆回

それでは「Core i7 7700 」を例に挙げてみてみましょう。

例えばパソコンショップ「ドスパラ」の製品スペックを確認します。

参考:Core i7 7700 BOX|ドスパラ

形状 LGA1151
動作クロック 3.6GHz
TDP 65W
コア数 4
ブースト時クロック 4.2GHz

このスペックを見ると動作クロックは3.6GHzです。これは、1秒間に36億回もクロック発生をしているということになります。

Windows95の時代に購入したパソコンのCPUはIntel Pentium 133Mhzだったと記憶しています。

当時の最新パソコンでも、現在のスペックと比較するとその差は歴然。CPUの性能は革新的に飛躍したことが分かりますね。

CPUの発熱量を考えよう

動画編集を行うパソコン内部では、常にCPUがフル可動しています。

ですので、その発熱量は計り知れないものがあるでしょう。
TDP(Thermal Design Power)は熱設計電力であり、想定される放熱量をW(ワット)を用いて表します。

TDP値が大きいCPUには、冷却機能に優れたPCケースや冷却装置が必須です。
もしその環境がなかったらTDP値の低いCPUを選ぶ必要があるでしょう。

ただTDPと性能は相関関係にあり、高性能なCPUほどTDPが高くなります。
例えば2017年に発売したIntel Core-i9 7960Xは165Wとなり、Core i7 7700の倍以上の発熱量となっています。

参考:Core i9 7960X BOX|ドスパラ

形状 LGA2066
動作クロック 2.80GHz
TDP 165W
コア数 16(スレッド数32)
ブースト時クロック 4.40GHz ※インテル ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 の動作周波数

そのためパソコンショップのIntel Core-i9搭載パソコンのほとんどはCPUファンに水冷クーラーが搭載されているのが特長です。

対応するCPUソケットを忘れてはいけない

CPUを選ぶうえで忘れてはいけないのがCPUソケットです。

このCPUソケットの仕様は規格が決まっています。

例えば、Intel社のCPUソケットの仕様「LGA1151」は、前世代に採用していたソケット「LGA1150」と酷似していますが互換性はありません。

また、最新のCPUであるCore Xシリーズには、新ソケット「LGA2066」が採用されました。

サイズが同じだとしても、基盤の切り欠き位置が異なる場合など、CPUとマザーボードの両者が同じ規格に対応していなければ装着することができないので、事前に確認しましょう。

合わせて読みたい記事

Core i7搭載のオススメ動画編集用パソコン
Core i9搭載のオススメ動画編集用パソコン
動画編集パソコン比較!Core i7とRyzen7

動画編集パソコンでおススメ!国内生産にこだわるマウスコンピューター

icon
icon
プロの動画クリエイターさんに真っ先に紹介してもらったのがマウスコンピューターです。

後々分かったことですが、映像会社ではマウスコンピューターのパソコンが信頼性が高いと評判です。私もオススメします。

マウスのPCを調べる
icon

パソコン工房のクリエイターパソコン SENCE by iiyama

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
パソコン工房はパソコンだけでなく新品・中古の部品を多く取り揃えているので、後々のメモリ増設やパソコンカスタマイズも相談に乗ってくれますよ。

パソコン工房では最新世代のCPUに対応するマザーボード・メモリーをセレクトしてお得な値段でカスタマイズできるようになっています。

おススメは動画編集用に開発されたCG・MOVIE GARAGEシリーズです。

パソコン工房を調べる
icon

ドスパラのクリエイターパソコン raytrek


ドスパラはゲーミングパソコンというイメージが強いのではないでしょうか?

マウス・パソコン工房に比べるとクリエイターパソコンの種類は少なく感じるかもしれません。

しかし、ドスパラのゲーミングパソコン上位モデルは4K動画編集を余裕でこなす性能を持っているので、クリエイターパソコンに限らずゲーミングパソコンも注目出来るのがドスパラの良いところです。

ドスパラの動画編集用パソコンはraytrekというシリーズになります。

ドスパラのPCを調べる

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌野典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY PXW-X160 HXR-NX80 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る