Adobe AfterEffectsヘルプよりも分かりやすいショートカット表

After Effectsを上達する近道は使用頻度が高い操作をなるべくショートカットキーで実行することにあります。

複雑なアニメーションムービーを制作するAfter Effectsでは作業時間がかかる上、レンダリングや書き出し・キャッシュの待ち時間もあります。
作業時間の効率をよくするためにはショートカットの活用が欠かせません。

また、Adobe製品はバージョンアップするたびに操作方法が若干変わります。
これらは改善・改良のために実施されているのですが、時折ユーザーを困惑させます。

そんな時でもショートカットキーはほとんど変更されることがありませんので、バージョン変更の影響を受けにくいと言えます。

それになんといってもショートカットを使いこなす自分を想像してみてください。

なんだかカッコイイですよね!

このエントリーではAfter Effectsでよく使用するショートカットキーを一覧にしています。
尚、AdobeのヘルプページにあるAfter Effectsショートカット表よりも使いやすく分かりやすい表になることを目指して作っています。

参考:After Effects / ショートカットキーのリファレンス|Adobe公式

Adobe AfterEffectsでよく使うショートカット集

Ctrl+N コンポジションを新規作成
解説した記事 After Effectsの作業効率がアップする初心者が必ず読むべき6つの項目
Ctrl+Y 平面を新規作成
Ctrl+Shift+Y 選択した平面レイヤーの編集
Ctrl+D 選択したレイヤーの複製
解説した記事 アフターエフェクトが使えるようになるために必要不可欠な5つの要素

関連記事

  1. アフターエフェクトの文字を動かす基礎が全て分かる!初心者必見の記事10…

  2. アフターエフェクトで平面があまりにも重要すぎる2つの理由

  3. アフターエフェクトのタイムラインをスムーズに再生する3つの方法

  4. アフターエフェクト脱初心者ガイド「コンポジションパネルの基本テク」

  5. After Effectsの作業効率がアップする初心者が必ず読むべき6…

  6. アフターエフェクトが使えるようになるために必要不可欠な5つの要素

  7. アフターエフェクト,文字,回転

    アフターエフェクトで文字が回転するアニメーションを作成する手順

  8. After Effectsを初めて起動する時に知っておくべき基本操作