ブログ

1万円台で買えるドローンを選ぶときのポイント

この記事は2018.2月に更新しました。
ドローン,1万円台

ドローンは安いものだと数千円の製品から本格的なものは10万円以上の製品までありますが、1万円台のドローンは種類が豊富です。

10,000円台のドローンの中には改正航空法対象の200g以上のドローンもあるので購入時は注意が必要です。

ここでは1万円台のドローンを購入するときに注意したいポイントやおススメのドローンを紹介します。

この動画ではこの記事で紹介しているParrotのドローン「Mambo」を紹介している動画です。ホバリングの安定感がよく分かるのでぜひ視聴してみましょう。

よく選ばれている1万円台のドローン

空撮をやってみたいドローン初心者の方には1万円台のものが多く選ばれています。

この価格で業務用として使えるものは限られていますが、趣味用で使う分には申し分ないドローンを選ぶことができます。

ドローンの価格設定には大きな幅が存在し、安いものであれば数千円で購入可能です。
高いものでは数十万、より高額になると100万円前後の高性能なものも存在します。

事業などに用いられるプロ仕様のものは性能は良いですが、簡単に手の出せるものではありません。
人気を博しているのは1万円台で購入できるドローンであり、安すぎず高すぎないことがポイントです。

ドローンを趣味感覚で楽しみたいと考える一般層が選び、ネット通販でも取り扱われています。
飛行可能な場所で飛ばして楽しむ、空撮した動画を編集して動画サイトにアップするなど楽しみ方は複数存在します。
高価なものはそもそも購入が難しく、安すぎるものでは物足りなさがあるでしょう。
1万円台という価格設定は消費者にとっても調度良く、性能的にも申し分ありません。

1万円台のドローンは何をポイントにして選ぶべき?

トイドローンのような安すぎるものとは異なり、空撮用ドローンとしての最低限の性能が備わっていることが多いです。
ただし1万円以上を出しても価値があると思えるような機体、つまり性能を重視して選ぶことがポイントです。

この価格で選べば、カメラはほぼ搭載されていますし、操縦用のプロポにはモニターが付属しているものまでありますよ。

また気圧センサーが搭載されているドローンであれば、高さを保ってホバリングが可能となります。

高さを保持する機能があれば、操縦に不慣れな初心者でも操作に戸惑うことなく安定した飛行ができるようになります。

また、屋内ではなく屋外で操縦することが考えられたものを選ぶこともできます。

中でも重量200g以上のドローンは改正航空法の規制対象になるため、飛ばすときには自治体への許可申請も必要になるので要注意です。

また1万円台のものであれば、ボタン一つで自分のいる場所まで戻ってくるワンキーリターン機能が備わっている場合があります。
思うように操作できないパニック時には、非常に助かる機能です。

1万円台のドローンは性能もそれなりに良く、一般人が趣味として使う分には問題ありません。
安すぎるものを買っても思いっきり使えないのなら、少々出費してでも選ぶことをおすすめします。

1万円台で購入できるドローン人気ランキング

Potensic 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ ドローン


Potensic200万画素空撮カメラ付ドローンは、その名の通り空撮に適したマルチコプターです。

飛行能力はもちろんのこと、200万画素HDカメラによりクリアで美しい撮影が可能です。
5.8G液晶モニターも付いており、上空さら撮影した景色などをリアルタイムで伝送して楽しめます。

またこのドローンには高度維持機能が備わっており、高さを設定して飛行させることができるのです。
初心者にも適した機能ですが、本格的に空撮を楽しみたい人には使い勝手が良いでしょう。

常に一定の高さを保つことは、ただ撮影しやすくなるだけでなく、様々なシーンに適しています。

6軸ジャイロにより風にも強く、上級者であれば曲芸飛行により迫力ある映像を撮る楽しみ方もできるでしょう。

Potensic 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ ドローン

Holy Stone ドローン 720P 自動ホバリング機能搭載


自動ホバリング機能搭載のHolyStoneドローンは機体の高さを維持することが簡単にできます。

上級者であれば技術を活かして一定の高さに保つことができますが、初心者または中級者の場合難しいでしょう。

野外で空撮を行う場合、風などの影響を受けるため細かなテクニックを用いることが求められます。
しかし自動でホバリングできるHolyStoneドローンだと、細かな操縦を必要とせず気軽に楽しむことができるのです。


また機体には720Pの広角HDカメラが付いており、高画質による空撮を楽しめることも特徴です。
操縦モードは自由に切り替えることができるため、慣れてきたら自分の技術だけで安定飛行できるように練習すると良いでしょう。

Holy Stone ドローン 720P 自動ホバリング機能搭載

Parrot ドローン 自動安定ホバリングクアッドコプター


Parrotドローン自動安定ホバリングクアッドコプターは価格がやや高いですが納得できる性能が備わっています。

自動安定ホバリング機能により、操縦に不慣れな場合でも一定の高度を保つことが可能です。
綺麗に空撮を行いたい場合、機体が不安定では映像もブレてしまうことが多いです。
一定の高さで自由な撮影を楽しみたい人に向いており、上級者でも満足できる撮影が可能です。

また搭載されているセンサーによって、高さだけではなく水平を保つこともできます。

アクセサリーを除けば重量はたったの63グラムで規制対象外です。
風の強い日に野外で飛ばすことはできませんが、このサイズのドローンの中では抜群の安定感があります。

カメラは30万画素と決して高性能なカメラとは言えませんが、ないよりは良いでしょう。

Parrot ドローン 自動安定ホバリングクアッドコプター

HUBSAN ドローン 1080P HDカメラ付き


HUBSANドローン1080PHDカメラ付きは高い性能を誇り、初心者よりもある程度操作に慣れた経験者が楽しむのにオススメの機体です。

多機能であるため様々なシーンで役に立ち、特にGPS機能が搭載されていることがポイントと言えます。
機体の位置をロックすることで一定の高度で自由に飛行させることができ、見失う心配がありません。


さらに自動追従機能が備わっており、操縦者の動きに合わせて記録することが可能です。

1080P HDの高画質カメラを搭載しているのでレベルの高い空撮を楽しむことができます。

重量は410gと改正航空法対象のドローンとなりますが、安定感があって空撮も十分できるドローンとして考えると低価格ではないでしょうか。

HUBSAN ドローン 1080P HDカメラ付き

DROCON ドローン カメラマウント付き


DROCONドローンは他の機体とカメラが大きく異なり、鮮やかな映像を撮影したい場合にオススメです。

TEC.BEANアクションカメラ用の機体であり、素人ではなく玄人が楽しむべき機体です。
カメラマウントが付いており、プロが撮影したかのような本格的な映像には最適です。

TEC.Bean 4Kアクションカメラ

使用されているモーターが非常に強力であり、本気を出して操縦すれば自動車の速度にも匹敵します。
操縦に慣れているプロが空撮を行うと、ダイナミックで迫力のある映画のようなシーンを撮影できるはずです。

総重量は485gと規制対象のドローンにはなりますが、個人でドローンを使った映像作品を撮りたい場合には価格も安くて手に入れやすい製品と言えるでしょう。

安定性にも期待することができ、高速で長距離を飛行することが可能です。

DROCON ドローン カメラマウント付き

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌野典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY PXW-X160 HXR-NX80 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る