ブログ

Core i9搭載パソコンを使ってみた!10コアPCレビュー

この記事は2017.12月に更新しました。

今や4K動画が撮れるカメラが当たり前なこの世の中…しかし、撮ったのは撮ったが、いざパソコンで編集しようにも… ものすごく重たくて編集ができずストレスがたまる!

そんな悩みを持つ方も中にはいるのではないでしょうか??

ということで私、BTOパソコンメーカーのマウスコンピューターさんから4K動画もスイスイ編集できるクリエイターPCをレンタルしてみました!

Core i9搭載パソコンを使ってみた!10コアPCレビュー

マウスコンピューターさんは動画編集用パソコン・ゲーム用パソコンと用途に合わせてカスタマイズができるBTOパソコンを販売しています。

その中でも写真現像や動画編集を行うためにプロ仕様の性能を持ったパソコンも用意されており、それらはクリエイターパソコンと呼ばれています。

マウスコンピューターではクリエイターパソコンをDAIV(ダイブ)というシリーズ名で販売しています。

上は12万円ぐらいの手に届きやすいモデルから50万円近くするハイエンドクラスまで用意されています。

今回お借りした製品は DAIV-DGX750H2-SH5 という型番で、2017年6月に発表されたばかりの最新のCPU Intel core-i9を搭載した4K動画編集もできる高性能なクリエイターパソコンになります。

参考:DAIV-DGX750シリーズ 最大10コアの境地へ!4K動画の編集時間を短縮!
icon

DAIV-DGX750H2-SH5はこんな方がおススメ!!

動画編集でイライラしたくない!

今までの編集環境からステップアップ!

しっかり4K動画編集がしたい!

icon
icon
CPU:インテル Core i9-7900Xプロセッサー (10コア/ 3.30GHz/ TB時最大4.50GHz/ 13.75MB スマートキャッシュ/ HT対応)

販売価格を調べる
icon

DAIV-DGX750H2-SH5のスペック

OS Windows 10 Home 64bit
CPU Core i9-7900X
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX1080Ti /11GB
チップ intel X299 チップセット
メモリ 8GB PC4-19200
ストレージ 480GB SSD + 3TB HDD
電源 850w(80PLUS PLATINUM)
CPUファン 水冷CPUクーラー

※2017年10月時点での構成となっておりますので、変更になる場合があります。

ここでは最新CPU core i9を搭載したパソコンが「どのくらい快適に動画編集できるのか?」を検証していきます。

インテル最新のCPU Core i9 7900Xのスペックを調べてみた

2017年6月にIntelのCoreXシリーズからハイエンドデスクトップPC向けのCPUが発売されました。

それが「core i9」です。

Core-Xシリーズは、第6世代CPUで6コア以上をターゲットにした「Skylake-X」(開発コードネーム)から,第7世代CPUで4コアをターゲットにした「Kaby Lake-X」に進化しています。

そんな中で発売したCore i9-7900X は10コア20スレッドのCPUとなっており、コードネームは「Skylake-X」になります。

実はこの i9-7900Xに似た性能のCPUがあります。

それが「Core i7-6950X Extreme Edition」です。

2016年6月に発売された第6世代のハイエンドCPUでi9-7900Xと同じ10コア/20スレッドです。

画像は10コア20スレッドのCPU搭載モデルをラインアップ|マウスコンピューター公式HPから引用しています。
icon

i9-7900Xとi7-6950Xを比較すると、物理演算パフォーマンスが約10%、3DCG映像描写のトータルスコアが約2%向上しています。

性能面は旧製品ではありますが、i7最高クラスのCPUを凌ぐものになっております。

そして最も注目するべきはその値段にあります。

Core i9-7900X

Core i7-6950X

Core i7-6950XとCore i9-7900Xを単純に価格比較するとCore i9-7900Xのほうが安くなるんですね。

これならi9を選んだほうがいいと思います。

ただ高性能な分、問題もあります。

CPUはコア数が増えるとそのぶん性能が高くなるのですが、発熱が大きくなるといった問題が発生してしまうのです。

今回、DAIV-DGX750H2-SH5はこの問題に対していかなる対処をしているのか…

実際に開けて確認してみましょう!

Core i9 搭載マウスコンピューターのパソコンを開封してみたよ!!

マウスコンピューターさんから届きましたDAIVですよー!

早速開封してみましょう。

箱の中身はDAIV-DGX750H2-SH5の本体が厳重に包装されていますね。
重さも大きさについても、かなりのボリュームです。

付属品はこちらのケーブルになります。

ディスプレイポート端子をDVI端子に変換するコードになります。

取り出してしばらくじーっと見てみる。

全面黒でシンプルですが、持ち運びやすいよう取っ手がついてたり質感もシックな感じでオシャレですね♪

DAIVの文字が大きくカッコイイ。

お!

Core i9・・・(w´ω`w)ポォォ お初です笑

前方の上部にはダイヤルのようなスイッチです。これがまたオシャレ。

その他にUSB端子が二つ、両方とも3.0の端子になりますね。この黒一面の部分に一部青色があるのは個人的に好きなんです笑

あとはマイク端子とオーディオ端子がありますね。

お、下になにやらつまみのようなものが。

メッシュ部分が開きますよ。

どうやら通気口のようですね。

上部分も開きました。

パソコンケースのディスクスロット(光学ドライブ)を搭載する箇所です。
今回お借りしたパソコンには、光学ドライブは搭載されていません。

このフタは磁石でくっついていました。なので、つまみ部分はしっかり持って取り外しましょうね。

では、背面をみていきましょうか。

USB端子は全部で8個。うち3.0が4個で、TYPE Cが2個になります。

ディスプレイポート端子が4本用意されています。

映像編集用のディスプレイを使用する場合、ディスプレイポート端子を使ってデジタルケーブルで接続します。

DVI端子は一つもありません。

もしこれまで利用していたケーブルがDVIケーブルで、継続して使いたい場合は先ほど紹介した同梱の変換コードを利用します。

ただし、4K映像をモニターに出力する場合、DVIケーブルでは出力できないのでこの機会に購入しても良いのではないでしょうか。

ちなみに端子が4つあるということはディスプレイを最大4つ出力することも可能です。

動画を編集する際、マルチディスプレイのほうが編集しやすいのでこれはありがたいですね。

さて、これからはパソコンの内部を開いて覗いて見てみましょう。

それでは慎重に取り外しますね!

こ、これは・・・黒い!!!

真っ黒だ!!

コードに関して何から何まで真っ黒じゃあありませんか・・・カッコイイ!!

BTOパソコンは様々なパーツを自分でチョイスしてカスタマイズします。

そのため、中身のパーツが部分的に派手になってしまい統一感が無くなってしまいます。

しかし、DAIV-DGX750H2-SH5は真っ黒に統一されております。

それにしても、黒は玄人っぽさがでていいですね。(〃ノ∀`〃)ポッ

ハイエンドデスクトップパソコンにふさわしく ZOTAC GeForce GTX 1080Ti Blowerが控えめですが居座っていますね。

11GBという大きなフレームバッファが搭載されております。

Zotac GeForce GTX 1080 ti Blower GeForce GTX 1080 ti 11 GB gddr5 X

メモリは16GBが2枚の32GBという構成になっております。DDR4規格になっておりますね。

最大転送レート重視のDDR4 PC4-21300メモリの場合は64GB(16GB×4枚/クアッドチャネル)、最大搭載容量重視のDDR4 PC4-19200メモリの場合は128GB(16GB×8枚/クアッドチャネル)まで拡張搭載することが可能なんです。

・・・ちょっ128GBってなんなんだ!?って感じですよね(笑)

続いては、注目のCPUクーラーです。

Core i9はコア数が10コア搭載され、その性能を十分発揮するには相応の冷却装置を装備する必要があります。

DAIV-DGX750H2-SH5の売りはCore i9の威力を発揮させるためにCPUクーラーは水冷CPUクーラーを搭載しています。

CPUクーラーには水を循環させるためのチューブがは張りめぐらされています。

パソコンの電源を入れると「ジュッジュルジュルッ!!」と水の音が鳴りますよ。

このCPUクーラーのお水のおかげでi9の爆熱を冷やしているのですな。

そしてここにCore i9-7900Xがいらっしゃるのです…。

さらにCPUの他にはHDD3TB(7200rpm /6Gbps対応)が確認できます。

HDDの横には480GBのSSDも確認できます。

Core i9搭載パソコンを使ってみた!10コアPCレビュー まとめ

こんな感じ!

DAIV-DGX750H2-SH5の開封レポートは以上になります。

では次回のエントリーで早速Core i9搭載パソコンで実際に4K動画編集をしてみます。

はたしてこのパソコンで快適に4K動画編集できるのでしょうか?

検証してみましょう!!

続きはコチラ⇒Core i9搭載パソコンは動画編集性能は快適か?検証してみる

今回検証するBTOパソコン DAIV-DGX750H2-SH5

icon
icon
CPU:インテル Core i9-7900Xプロセッサー (10コア/ 3.30GHz/ TB時最大4.50GHz/ 13.75MB スマートキャッシュ/ HT対応)

販売価格を調べる
icon

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
PremiereProCC単体なら2,180円/月で使えます。
Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremierePro オススメ教本

<% metaKeywords %>

PremiereProCCを基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンスがオススメです。
電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る