ブログ

動画編集用パソコンのマザーボードの選び方

この記事は2017.11月に更新しました。

動画編集用パソコンを購入する時、CPUやメモリ、そしてストレージなど…。パソコンのスペックを第一に考えますよね。

その時に「これで完璧!」と思っても、使っていくうちにもっと性能を上げたい・拡張したいと思うかもしれません。

だからこそ、初めに搭載するマザーボードの選択は重要となります。

ここでは、動画編集用パソコンのマザーボードの選び方を解説します。

チップセットでマザーボードの格付けが決まる

動画編集用パソコンのマザーボードの選び方チップセットはマザーボードの中枢部分です。10年前は2チップの構成だったのが、近年では1チップが主体となりました。

マザーボードを選ぶうえで重要になるのが、このチップセットです。それによりマザーボードの格付けが決まるといわれています。

チップセットの製造元で有名なのが、Intel・AMD・NVIDIAなどです。

特にIntelはシェアが最も高く人気があります。

そのIntelでは、チップセットの機能性の差別化を明確にしているところがあり、それに合わせてマザーボードも設計されているといわれています。

チップセットとマザーボードは、同社の組み合わせでなければ取り付けられないという面があるので、選択の幅を広げたいならIntelのチップセットを選んだほうが良いかもしれません。

参考:マザーボードを選ぶときに知っておきたいポイント

搭載されるチップセットで価格も決まるのも、マザーボードを選ぶさいには念頭に置いておくと良いでしょう。

CPUソケットで選ぶのもポイント

動画編集用パソコンのマザーボードの選び方
動画編集用パソコンを使う上で、CPUは欠かせないパーツですが、マザーボードにCPUを取り付けるさいに、CPUソケットが対応していなければ、取り付けることはできません。

CPUとCPUソケットが一致しないと搭載することができないため、マザーボードにもCPUにも必ずソケット名が記載されているので、購入のさいは確認しましょう。

現在、Intel社で主流となっているCPUソケットは、LGA1151やLGA2011-v3です。(2016年)

このようなことから、マザーボードをはじめに選ぶよりも、まずは動画編集に適したCPUを見つけ、それに合わせてマザーボードを選びましょう。

動画編集用パソコンでオススメのショップ

映像制作会社で実際に使われているBTOパソコンショップを人気順に並べました。
BTOショップでは動画編集用パソコンのことを「クリエイターパソコン」と呼んでいます。

マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューターには映像クリエイター向けのパソコン「DAIV」シリーズがあります。
マウスコンピューターの動画編集用パソコンは壊れにくいことで映像業界では非常に評判が良いです。
24時間年中無休の電話サポートや迅速に修理対応してくれるところが忙しい映像制作会社に支持される理由です。

他のBTOショップよりもお値段がちょっと高めの設定なので予算に余裕がある方、一台のパソコンで長く使いたい方はマウスコンピューターがオススメです。

マウスコンピューターのクリエイターパソコンを調べる

パソコン工房

パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン

パソコン工房の動画編集用パソコンも多くの映像制作会社で導入されています。
理由はスペックを同じにして比較した場合、パソコン工房さんが安いことが多いからです。

また全国展開しているので、修理にも持ち込みしやすく電話でのサポートも結構親切です。
ネットでカンタンに注文できることもメリットの一つ。動画編集用ならクリエイターパソコンを選択しましょう。

パソコン工房のクリエイターパソコンを調べる

ドスパラ


ドスパラのクリエイターパソコンも映像会社では人気です。

全国展開のBTOパソコンショップなのでサポートや故障の時も安心。
ノートPC・デスクPCともにPremiereProCC・AfterEffects専用モデルなども用意されています。

ドスパラのパソコンも安定感があることで映像業界では定評がありますよ。オススメ!

ドスパラの動画編集PCを調べる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
PremiereProCC単体なら2,180円/月で使えます。
Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremierePro オススメ教本

<% metaKeywords %>

PremiereProCCを基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンスがオススメです。
電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る