ブログ

After Effectsでオススメの動画編集用パソコンってどれ?

この記事は2018.2月に更新しました。
After Effectsでオススメの動画編集用パソコンってどれ?

動画編集用で使う有料ソフトとして、EDIUS、PremiereProCCが挙げられます。

そして3Dモーショングラフィックスを制作するソフトではAfter Effectsがあります。

After Effectsは先に述べた動画編集ソフトよりも高性能なPCスペックを必要とします。

パソコンのスペックが低いとスムーズに動かない、エンコードに時間が掛かるといった不具合が生じ、その体感スピードからストレスを感じることでしょう。

では、どのくらいのスペックを持ったパソコンならAfter Effectsを快適に使うことが出来るのでしょうか?

そもそもAfter Effectsってどんなアプリ?

アドビシステムズが販売している、動画編集用ソフト『After Effects(アフターエフェクツ)』は映画・テレビ番組・CMなどの映像加工をはじめとして、あらゆるコンテンツ制作に使われている知名度の高いソフトウェアです。

この動画はAfter Effectsで制作した合成動画です。
After Effectsを使えばこのような映像を簡単に作ることができます。

最新のバージョンでは、3Dレンダリングエンジンが搭載され、プロ品質のアニメーションや3Dモーショングラフィックス製作が可能ですが、CPUやメモリがそれに見合わなければ、本領発揮するのは難しいといえるでしょう。

参考:【永久保存版】動画編集用パソコンのおすすめスペックとは

パソコンでモーショングラフィックの制作をする場合は大量のメモリを消費します。

32bit版ではメモリ不足からくる処理速度の低下が考えられるので、After Effectsでは、バージョンCS5(10.0.0)から、64bit版のみの対応となりました。

After Effects 体験版】操作方法・機能がどのようなものか具体的に知りたい方へ向けて、公式サイトで体験版をダウンロードできます。

※ダウンロードにはAdobe IDの取得が必要です。

After Effectsを使うために必要なスペック

・CPUに大きな負担が掛かる
・メインメモリーを大量に消費する

動画編集をするうえで重要なポイントは、この2点が大きな要素を含むので、高機能なCPU・メモリを搭載したパソコンを推奨します。

CPUは、動画編集を行うのであれば、core i7あれば処理能力は高くサクサク動くでしょう。
コア数やクロック数は多い方が良いですが、バランスの取れたものにしましょう。

参考:映像会社の常識!動画編集用パソコンに最適なCPUの選び方

メインメモリーは、できれば16GBは確保したいところです。最低でも16GBは搭載することをお勧めします。

After Effectsは、高速処理レイトレース 3D レンダラーという機能が搭載されています。

それをGPUで高速処理するにはGeForce GTXシリーズのハイエンドモデルやQuadroシリーズなど、対応したグラフィックボードが必要です。
※他のGPU機能は、基本要件を満たしていればすべてのGPUに対応しています。

対応するGPUの規格は、Adobe公式サイトの必要システム構成のレイトレース 3D レンダラー用のサポートされる GPU一覧でご確認ください。

After Effectsの処理速度は、GPUでその性能が左右される部分があることがポイントの1つです。

動画編集用パソコンでオススメのショップ

映像制作会社で実際に使われているBTOパソコンショップを人気順に並べました。
BTOショップでは動画編集用パソコンのことを「クリエイターパソコン」と呼んでいます。

マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューターには映像クリエイター向けのパソコン「DAIV」シリーズがあります。
マウスコンピューターの動画編集用パソコンは壊れにくいことで映像業界では非常に評判が良いです。
24時間年中無休の電話サポートや迅速に修理対応してくれるところが忙しい映像制作会社に支持される理由です。

他のBTOショップよりもお値段がちょっと高めの設定なので予算に余裕がある方、一台のパソコンで長く使いたい方はマウスコンピューターがオススメです。

マウスコンピューターのクリエイターパソコンを調べる

パソコン工房

パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン

パソコン工房の動画編集用パソコンも多くの映像制作会社で導入されています。
理由はスペックを同じにして比較した場合、パソコン工房さんが安いことが多いからです。

また全国展開しているので、修理にも持ち込みしやすく電話でのサポートも結構親切です。
ネットでカンタンに注文できることもメリットの一つ。動画編集用ならクリエイターパソコンを選択しましょう。

パソコン工房のクリエイターパソコンを調べる

ドスパラ


ドスパラのクリエイターパソコンも映像会社では人気です。

全国展開のBTOパソコンショップなのでサポートや故障の時も安心。
ノートPC・デスクPCともにPremiereProCC・AfterEffects専用モデルなども用意されています。

ドスパラのパソコンも安定感があることで映像業界では定評がありますよ。オススメ!

ドスパラの動画編集PCを調べる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロモーション動画のテンプレートを公開します

No.1 マーケッター 神田昌野典先生が絶賛した驚きの動画メソッド

最高峰のドキュメンタリー動画の作り方を丸ごと1本の教材におさめました。
素人でもプロ顔負けのCM・ドキュメンタリー動画を作る「型」を教えます。

詳しく見る

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。



また、プロの映像クリエイターから映像制作を学べるオンラインスクールを開催していますのでぜひご参加ください。

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY PXW-X160 HXR-NX80 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る