ブログ

グラフィックボードって何?動画編集用パソコンに必須のグラフィックボード

グラフィックボードって何?動画編集用パソコンに必須のグラフィックボード

パソコンゲームをしているユーザーなら、グラフィックボードの性能がいかに重要か、骨身に染みているかと思います。

実は動画編集をする上でも、このグラフィックボードは重要なポイントになります。

グラフィックボードとは?

グラフィックボードとは、映像を出力する機能。画面に画像を映す役割を担います。

グラフィックボードを開発・販売している企業としては、アメリカのNVIDIA社がシェアが高く有名です。
同じくアメリカ企業のAMD社も引けを取りません。

グラフィックボードの中枢部分に当たるGPUは、NVIDIA社ではGeForceシリーズとして、またAMD社ではRadeonシリーズをそれぞれ展開しています。

グラフィックボードにはさまざまな種類のものがあり、規格により価格もピンキリです。

用途によっても仕様が違うので、「動画編集するなら、どのグラボが良いの?」と疑問に思うユーザーも多いことでしょう。

参考:動画編集用パソコンでGPUを選ぶ時に注意したいコト

この動画「【GTX1080】NVIDIA GEFORCE最新グラボの高画素写真&4K映像編集における実践パフォーマンス検証」では4K映像編集をしている動画クリエイター・ユーチューバーのTSUTTONさんがNVIDIA GEFORCEのパフォーマンスを検証しています。
グラフィックボードの威力が良くわかるのでぜひ視聴してみてください。

ソフトウェアによってグラフィックボードを選ぶ

グラフィックボードって何?動画編集用パソコンに必須のグラフィックボード

グラフィックボード

グラフィックボードが本当に必要か?

と問われたなら、「あったほうが良い。けれど動画編集ソフトによりけり」が、1番正しい答えなのかもしれません。

オンボードの性能で十分なソフトもありますが、GPGPUやOpenGLなどの処理に対応した動画編集ソフトなら、グラフィックボードはあったほうが良いといえます。

参考:GPUはムダ?動画編集用PCとグラフィックカードの秘密

CPUの性能が高いに越したことはありませんが、エフェクトや動画エンコードなど、ビデオチップの性能に依存して処理をしたほうが、作業がスムーズにはかどる場合もあるからです。

GPGPU性能が発揮できるプラットフォームに、NVIDIA社では『CUDA』、AMD社では『ATI Stream』が用意されています。

動画編集ソフトを購入するときには、どちらに対応しているかも確認する必要があります。

またOpenGLというプラットフォームもありますが、これに対しても最適化されたグラフィックボードのほうが性能を発揮できますので、念頭に置いておくことをおすすめします。

グラフィックボードを検討するなら、動画編集ソフトの推奨環境と相談してみたほうが失敗は少ないかと思います。

OpenGL対応のグラフィックボード Quadro

動画編集用パソコンでオススメのショップ

映像制作会社で実際に使われているBTOパソコンショップの人気ランキング1位~4位まで紹介します。
BTOショップでは動画編集用パソコンのことを「クリエイターパソコン」と呼んでいます。

ドスパラ


映像制作会社ではドスパラのクリエイターパソコンが人気です。

全国展開のBTOパソコンショップなのでサポートや故障の時も安心。
ノートPC・デスクPCともにPremiereProCC・AfterEffects専用モデルなども用意されています。

ドスパラのパソコンは安定感があることで映像業界では定評がありますよ。オススメ!

>>ドスパラの動画編集PC通販サイト<<

パソコン工房

パソコン工房CGWORLDコラボ・動画編集向けパソコン

多くの映像制作会社でパソコン工房の動画編集用パソコンが導入されています。
理由はスペックを同じにして比較した場合、パソコン工房さんが安いことが多いことが挙げられます。

また全国展開しているので、修理にも持ち込みしやすく電話でのサポートも結構親切です。
ネットで注文することも可能です。ゲーム用パソコンでも動画編集出来なくはないですが、やっぱりクリエイターパソコンがオススメ!

パソコン工房 「CGWORLDコラボ・動画編集向けパソコン」

マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューターには映像クリエイター向けのパソコン「DAIV」シリーズがあります。
マウスコンピューターの動画編集用パソコンは壊れにくいことで非常に評判が良いです。
24時間年中無休の電話サポートや迅速に修理対応してくれるところが忙しい映像制作会社に支持される理由です。
他のBTOショップよりもお値段がちょっと高めの設定なのでランキング3位としました。
性能はダントツ1番なんですけどね。

クリエイター向けブランド 「DAIV」 TOP

SycomのQuadro搭載モデル

BTOパソコンショップのSycomでは動画編集&カラーグレーディングソフトのDaVinci Resolve専用設計モデルも販売しています。

その他にも映像編集のプロフェッショナル向けモデルが種類豊富で要チェックのショップですよ。

>Sycomの動画編集用パソコン<

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
PremiereProCC単体なら2,180円/月で使えます。

Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremierePro オススメ教本

<% metaKeywords %>
PremiereProCCを基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンスがオススメです。
電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる

スポンサーリンク

関連記事

SOCIAL MEDIA

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る