ブログ

動画編集用パソコンとゲーム用パソコンの違いとはなにか?

動画編集用パソコンとゲーム用パソコンの違いとはなにか?

パソコンをゲーム用として利用しているなら、ヘビーユーザーになるほどに、高スペックを求めるでしょう。

動画編集を目的としたユーザーも同様ですね。どちらの目的としても映像に関するものだから、性能重視になるかと思います。

では、動画編集用パソコンとゲーム用パソコンの違いとはなんでしょうか?

このエントリーでは、この二つの違いを検証していきましょう。

ゲーミングPCはグラフィック機能重視

この動画ではユーチューバーKazuさんがゲーム用として購入したデスクトップPCのレビューをしています。
3分50秒以降では10万円のゲーミングPCでPremiereProを使った動画編集がどの程度できるかも検証してくれていますのでぜひ視聴してみましょう。

質問の中でよくあげられるのが「ゲーミングPCと動画編集用パソコンってどんな違いがあるの?」という疑問です。

どちらも映像を扱うという意味では求められるスペックも似たようなものだと思いますよね。

ですが、用途が違えば『高性能』と、基本は同じでもどこに重視したら良いのかは変わります。

ゲーム用パソコンと動画編集用パソコンで重視するパーツとして大きく違うのは、GPUの性能(性質)です。

動画編集用ソフトのその多くは、OpenGLをサポートしています。
動画編集用パソコンとゲーム用パソコンの違いとはなにか?
ですが、3Dのゲーム用に対応しているグラフィックボードGeForceやRADEONなどに搭載しているGPUは、OpenGLではなくDirectXに最適化されているビデオチップです。

逆にOpenGLに最適化されているGPUはQuadroなどです。

参考:OpenGLと DirectXの違いを教えて下さい

CPUは性能が良いに越したことはありませんが、GPUは用途が違うことに対してはパフォーマンス力が低下するという性質を持っているのです。

ゲーム用パソコンを動画編集用パソコンとして使えるのか?

動画編集用パソコンとゲーム用パソコンの違いとはなにか?

ただ、共通していえることは、動画編集用パソコンもゲーム用パソコンのどちらも高性能であることです。

もし格安の低スペックなパソコンなら、動画編集のソフトウェアも3Dゲームなども対応しきれません。

例えばCPUならコア数および同時処理スレッド数の優れたマルチコアであるCore i5やCore i7などが向いています。

これはアプリケーション側もマルチスレッドに対応しているものが数多くあるからですね。

参考:映像会社の常識!動画編集用パソコンに最適なCPUの選び方

ではゲーム用パソコンを動画編集用パソコンとして使えるのでしょうか?

答えを言いますと、もしGPU以外は必要なスペックがほぼ同じであるならばある程度は不便なく使えるでしょう。

メモリも16GBあれば、ストレスを感じることなく操作できるでしょう。

もしゲーム用パソコンがあれば、動画編集用パソコンとして使ってもさほど支障はないかと思います。

ただ複雑な色補正や細かなグラフィックモーションを加えるとなると、GPUがQuadroの方が書き出しも速く作業スピードが速くなります。

参考:After Effectsでオススメの動画編集用パソコンってどれ?

動画編集用パソコンでオススメのショップ

映像制作会社で実際に使われているBTOパソコンショップの人気ランキング1位~4位まで紹介します。
BTOショップでは動画編集用パソコンのことを「クリエイターパソコン」と呼んでいます。

ドスパラ


映像制作会社ではドスパラのクリエイターパソコンが人気です。

全国展開のBTOパソコンショップなのでサポートや故障の時も安心。
ノートPC・デスクPCともにPremiereProCC・AfterEffects専用モデルなども用意されています。

ドスパラのパソコンは安定感があることで映像業界では定評がありますよ。オススメ!

>>ドスパラの動画編集PC通販サイト<<

パソコン工房

パソコン工房CGWORLDコラボ・動画編集向けパソコン

多くの映像制作会社でパソコン工房の動画編集用パソコンが導入されています。
理由はスペックを同じにして比較した場合、パソコン工房さんが安いことが多いことが挙げられます。

また全国展開しているので、修理にも持ち込みしやすく電話でのサポートも結構親切です。
ネットで注文することも可能です。ゲーム用パソコンでも動画編集出来なくはないですが、やっぱりクリエイターパソコンがオススメ!

パソコン工房 「CGWORLDコラボ・動画編集向けパソコン」

マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューターには映像クリエイター向けのパソコン「DAIV」シリーズがあります。
マウスコンピューターの動画編集用パソコンは壊れにくいことで非常に評判が良いです。
24時間年中無休の電話サポートや迅速に修理対応してくれるところが忙しい映像制作会社に支持される理由です。
他のBTOショップよりもお値段がちょっと高めの設定なのでランキング3位としました。
性能はダントツ1番なんですけどね。

クリエイター向けブランド 「DAIV」 TOP

SycomのQuadro搭載モデル

BTOパソコンショップのSycomでは動画編集&カラーグレーディングソフトのDaVinci Resolve専用設計モデルも販売しています。

その他にも映像編集のプロフェッショナル向けモデルが種類豊富で要チェックのショップですよ。

>Sycomの動画編集用パソコン<

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
PremiereProCC単体なら2,180円/月で使えます。

Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremierePro オススメ教本

<% metaKeywords %>
PremiereProCCを基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンスがオススメです。
電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる

スポンサーリンク

関連記事

SOCIAL MEDIA

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る