ブログ

動画編集用パソコン選ぶならどっち?デスクトップとノート型PC

この記事は2017.7月に更新しました。
動画編集用パソコン選ぶならどっち?デスクトップとノート型PC

動画編集をしたいけれど、デスクトップとノート型どちらを選べばいいのだろう…と悩みませんか?

BTOパソコンでSSDやグラフィックボードを搭載、乗せ換えしていくなら当然デスクトップのほうが便利です。
しかし持ち運びができるノートPCも捨てがたいですよね。

両者ともにメリット・デメリットがあるので、高い買い物だけに後悔はしたくないところです。

後々「このパソコンを買って正解だったな~」と思えるよう、それぞれの特徴を知っておきましょう。

パフォーマンスを上げるにはスペックの高さが重要

動画編集用パソコンに求めるものは、撮影した動画をサクサクと編集できるようなハイスペックパソコンであるという点につきます。

もともと動画編集用のソフトウェアはハイエンドなPCスペックを要求するものが多く、多少のスペックが落ちても動画編集作業は可能ですがストレスがたまるのは覚悟しなければなりません。

十分な性能を満たしていないパソコンでは作業時間がかかってしまいます。
また4Kのような高画質撮影ができるカメラも一般的になってきていることから、パソコンの動作が重たくなったりエラーを生じやすくなったりと安定感に欠けるかもしれません。

参考:動作が遅いのはなぜ?動画編集用パソコンの選び方

CPU・メモリ・ストレージ・グラフィックボード…各パーツが高性能な規格でなければ、使えば使うほど処理速度に不満が生じるでしょう。

高スペックであることを理念としても、パソコンにはデスクトップ型とノート型の2つの形態がありますがあなたならどちらを選びますか?

この動画はユーチューバーのはじめしゃちょーがPCショップで購入したデスクトップPCのレビューをしています。
動画編集用のデスクトップパソコンはBTOパソコンがオススメですよ。

デスクトップ型をオススメする理由

動画編集用パソコン選ぶならどっち?デスクトップとノート型PC

結論から言えば、ぜひデスクトップ型を使って欲しいと私は思います。

特に初めて動画編集用パソコンを購入しようと考えている初心者の方にはデスクトップをオススメします。

動画編集は、パソコンの作業の中でも特にCPUにかける負担が大きいといえます。

それ以外のパーツとしても高性能・大容量のものを選ぶことになるでしょう。

それらが組み合わせてできたパソコンは発熱量が非常に高いかと思います。

エフェクト加工など編集作業が複雑になればなるほどにCPU使用率も高くなります。

もし長時間にわたり、動画編集作業を行うとなると、冷却機能の高さも求められます。

デスクトップ型なら、CPUクーラーなど状況に応じてパーツ交換ができるものの、ノート型パソコンでは限界があります。

参考:動画編集用パソコン(デスクトップ)を選ぶときのポイント
動画編集用パソコン選ぶならどっち?デスクトップとノート型PC

また単純にディスプレイが大きなサイズのほうが編集もしやすく、高性能なものなら微妙な色合いなど精密に調節できるでしょう。

視覚的な面からみても、デスクトップ型のほうが対応できるからです。

もし設置スペースの問題があるのなら、高スペックなノート型パソコンでも対応できます。
その場合は17インチのディスプレイにCPUはCore i7、ストレージにはSSDとHDDの両方を搭載したモデルが良いのではないでしょうか。

参考:動画編集用パソコンでおすすめのノート型パソコンとは?

なるべくならデスクトップ型を購入されることをオススメします。

動画編集用パソコンでオススメのショップ

映像制作会社で実際に使われているBTOパソコンショップを人気順に並べました。
BTOショップでは動画編集用パソコンのことを「クリエイターパソコン」と呼んでいます。

マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューターには映像クリエイター向けのパソコン「DAIV」シリーズがあります。
マウスコンピューターの動画編集用パソコンは壊れにくいことで映像業界では非常に評判が良いです。
24時間年中無休の電話サポートや迅速に修理対応してくれるところが忙しい映像制作会社に支持される理由です。

他のBTOショップよりもお値段がちょっと高めの設定なので予算に余裕がある方、一台のパソコンで長く使いたい方はマウスコンピューターがオススメです。

マウスコンピューターのクリエイターパソコンを調べる

パソコン工房

パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン

パソコン工房の動画編集用パソコンも多くの映像制作会社で導入されています。
理由はスペックを同じにして比較した場合、パソコン工房さんが安いことが多いからです。

また全国展開しているので、修理にも持ち込みしやすく電話でのサポートも結構親切です。
ネットでカンタンに注文できることもメリットの一つ。動画編集用ならクリエイターパソコンを選択しましょう。

パソコン工房のクリエイターパソコンを調べる

ドスパラ


ドスパラのクリエイターパソコンも映像会社では人気です。

全国展開のBTOパソコンショップなのでサポートや故障の時も安心。
ノートPC・デスクPCともにPremiereProCC・AfterEffects専用モデルなども用意されています。

ドスパラのパソコンも安定感があることで映像業界では定評がありますよ。オススメ!

ドスパラの動画編集PCを調べる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
PremiereProCC単体なら2,180円/月で使えます。
Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremierePro オススメ教本

<% metaKeywords %>

PremiereProCCを基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンスがオススメです。
電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

SOCIAL MEDIA

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る