ブログ

映像会社の常識!動画編集用パソコンに最適なCPUの選び方

この記事は2017.11月に更新しました。
動画編集用PC購入前に知っておきたいSSDの知識

コンピューターの中枢部分としてデータ処理を行う司令塔。パソコンの頭脳ともいわれるパーツがCPUです。

このCPUの性能により、パソコンの価格に大きな違いが出てきます。

そして動画編集を目的としてパソコンを選ぶとき、CPUについて必ずチェックする項目がいくつかありますのでここで解説しましょう。

動画編集に最適なCPUってどれ?映像制作会社が選ぶCPU

Intel CPU Core i7

Intel CPU Core i7

動画編集用パソコンとして使う時に、最も重要となるのがCPUの性能です。(注:CPUとは、Central Processing Unitの略。)

中央演算処理装置としてパソコンの中心に位置するパーツ。人間で言えば『頭脳』の役割を担います。

CPUを製造しているメーカーで有名なのが、Intel社(インテル)です。

パソコンを選ぶさいに「Core iシリーズ」は、目に付くことがあるのではないでしょうか?

Core 2 Duoを皮切りに、複数のスレッドを同時に処理できるマルチコアが主体となりました。

CPUは世代を経るごとに性能は向上しています。

この動画「ハイエンドCPU「Core i7 5960X」がキター!自作パソコン CPU取付け編」はユーチューバーKazuさんのCore i7 5960Xの取り付け解説です。

Kazuさんは8コアの5960Xを購入していますね。
動画編集をするのなら、コア/スレッド数の多いCore i5・Core i7など、ミドルレンジやハイエンドのCPUがオススメです。

私は4年程前に6コア12スレッドの4960Xを購入しましたが、今の倍ぐらいの値段しましたよ(汗)

今でもサクサク作業ができています。

ちなみに映像会社ではCore i7 一択とされています。

参考:動画編集用パソコンを買うときのお店の選び方

動画編集に最適!6コア12スレッドのインテルCPU

自作パソコンでCPUを選ぶときの注意点

CPUに求められるものとは、処理能力と消費電力。これらに勝るものはありません。

CPUを選ぶときは、この2つのバランスが取れているものを選ぶのがポイントです。

もちろん動画編集用パソコンにしても同様です。

ファイルサイズの大きなものを扱う動画編集は、パソコンに大きな負荷がかかります。

CPUはマルチスレッド性能が高いものほどハイエンドになります。
価格にも差が出ますが、動画編集の処理にはこの性能が発揮され、効率よく作業ができます。

ここで注意したいのが、CPUはマザーボードとソケット仕様が同じでなくてはいけないという点です。

参考:動画編集用パソコンのマザーボードの選び方

例えば現在主流のソケット仕様のいくつかをあげてみました。(2016年12月)

・LGA2011-v3:ウルトラハイエンドに採用されている仕様。
・LGA1151:Intel社の主要となる仕様。(第6世代~)
・LGA1150:LGA1151の前世代の仕様。LGA1151とはサイズは同じだが、互換性はないので注意。(第4世代~第5世代)

BTOパソコンにおいては、これらの違いなどをよく把握する必要があります。CPUを購入するさいには、ソケット名を調べ、マザーボードと同じ規格かを調べましょう。

動画編集用パソコンでオススメのショップ

映像制作会社で実際に使われているBTOパソコンショップを人気順に並べました。
BTOショップでは動画編集用パソコンのことを「クリエイターパソコン」と呼んでいます。

マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューターには映像クリエイター向けのパソコン「DAIV」シリーズがあります。
マウスコンピューターの動画編集用パソコンは壊れにくいことで映像業界では非常に評判が良いです。
24時間年中無休の電話サポートや迅速に修理対応してくれるところが忙しい映像制作会社に支持される理由です。

他のBTOショップよりもお値段がちょっと高めの設定なので予算に余裕がある方、一台のパソコンで長く使いたい方はマウスコンピューターがオススメです。

マウスコンピューターのクリエイターパソコンを調べる

パソコン工房

パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン

パソコン工房の動画編集用パソコンも多くの映像制作会社で導入されています。
理由はスペックを同じにして比較した場合、パソコン工房さんが安いことが多いからです。

また全国展開しているので、修理にも持ち込みしやすく電話でのサポートも結構親切です。
ネットでカンタンに注文できることもメリットの一つ。動画編集用ならクリエイターパソコンを選択しましょう。

パソコン工房のクリエイターパソコンを調べる

ドスパラ


ドスパラのクリエイターパソコンも映像会社では人気です。

全国展開のBTOパソコンショップなのでサポートや故障の時も安心。
ノートPC・デスクPCともにPremiereProCC・AfterEffects専用モデルなども用意されています。

ドスパラのパソコンも安定感があることで映像業界では定評がありますよ。オススメ!

ドスパラの動画編集PCを調べる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
PremiereProCC単体なら2,180円/月で使えます。
Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremierePro オススメ教本

<% metaKeywords %>

PremiereProCCを基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンスがオススメです。
電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる

スポンサーリンク

関連記事

ブログ管理人プロフィール

HN:おーとふぉーかす
Works:ビデオグラファー・映像制作・メディア運営
YouTube歴:7年 持ってるアカウントは4つ。そのうち一つが登録者数1万ちょっと。

このブログは動画クリエイターを支援するためのサイトです。カメラや映像機材の紹介を中心に記事を書かせてもらってます。

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る