ブログ

動画編集用パソコンを買うときのお店の選び方

この記事は2017.3月に更新しました。
動画編集用パソコンを買うときのお店の選び方

パソコンを使う目的がしっかりとあるのなら、購入するお店にはこだわったほうが賢明です。

なぜなら、どのお店も同じようにパソコンの種類・内容が充実している訳でもなく、店員さんの知識の差にも開きがあるためです。

では、動画編集用のパソコンを買いたい時、どのようなお店選びをしたら良いのでしょうか?

動画編集用パソコンなら大手メーカーには手を出さない

家電量販店など、店頭に並べられている大手メーカーのパソコンは、どれも見栄えのよいデザインばかりです。
テレビ機能も搭載されていることから、インテリア性を重視しているパソコンもあるでしょう。

もしあなたがパソコンを使う目的が、インターネットをやるだけ・エクセルで書類作成のみでしたら、そのようなパソコンで十分事足りることと思います。

ですがもし「動画編集用パソコンとして使いたい」という、はっきりとした目的があるのなら、大手メーカーパソコンには手を出さないことが身のためでしょう。

参考:【永久保存版】動画編集用パソコンのおすすめスペックとは

なぜなら、大手メーカーのパソコンには、動画編集を主力とした作りになっていないからです。

この動画はApple Macbook Proを動画編集で使った場合にどんなことになるか解説してくれています。
分かりやすくMacの動画編集について解説してくれているのでぜひ視聴してみてください。

Macbook Proはショップでオーダーすれば動画編集用のスペックにしてもらうことが可能ですが、かなり高くつく傾向があります。

メーカー製のパソコンには無駄が多い

動画編集用パソコンを買うときのお店の選び方
大手メーカーのパソコンは、プリインストールされているソフトウェアなどで、無駄に容量を取られている場合が多いでしょう。

「使わないソフトだけど分からないから削除できない」というユーザーもいるかと思います。

「機能が多くても、使わないのは無駄なだけ」

パソコンでなくても思い浮かびはしませんか?
ファックス付き電話・乾燥機付き洗濯機・オーブン付きレンジ…、買う時に多機能な製品は惹かれますが、活用できぬまま寿命がきたら全く意味がありませんよね。

動画編集用のソフトウェアは、その種類に違いはあるものの、容量を大きくとるものばかりです。
新しく動画編集用のソフトをインストールしたくても、無駄な容量が邪魔をするかもしれません。

また、動画編集する際の素材(カメラで撮影した場合の動画ファイルなど)も容量を食うので、ハードディスクの容量は大きいほど良いです。
無駄なデータやソフトウェアを保存するデータスペースも惜しいのです。

参考:PremiereProでオススメの動画編集用パソコンとは?

知識をしっかりと持った店員選びから

まず言えることが、対応される店員さんに知識があるか否かが重要です。
BTOパソコンを販売している店員さんは、パソコンのカスタマイズに詳しく知識が豊富です。

ですが、店員に全てを委ねることなく、最低限の知識は身につけていくことも大切です。

CPUやメモリなど内部パーツのスペックが動画編集に見合った仕様でないと、ソフトを起動させてもカクカクした動きをしたり、映像が再生できない、書き出しが異様に遅いなど、速度や処理に問題が出てきます。

BTOパソコンのショップで購入するときに一番重要なことはまず店員さんに

「動画編集用のパソコンとして利用したい」

と、使用目的をしっかりと伝えましょう。

そして分からないことが聞けるよう最低限の知識を持ちましょう。

別に専門書を購入して読むほどもありませんが、せめてお店に行く前にググっておきましょう。
ネットで調べて分かる程度の知識は最低限知っておいた上で話をすると話がスムーズになります。

全く知識がなく話を聞くのと、ある程度知った上で聞くのとでは、理解力に大きな違いが出てきます。

また、店員さんに「この人最低限の知識がある人だな」と感じさせることは意外と重要だったりします。

ちゃんと調べて店員さんと話をすると、「この人は本当に動画編集用パソコンを購入したいと考えている人だな」と思ってもらえるし、いろんなアドバイスを貰えます。
最低限以下の5つぐらいは調べてからお店に行ってみましょう。

・CPUの違い
・メモリのサイズ
・HDDとSSDの違い
・グラフィックボードの種類
・液晶モニターのパネルの種類

知識を持ってすれば店員の説明で積極的に疑問点を聞くこともできます。

参考:映像会社の常識!動画編集用パソコンに最適なCPUの選び方

そうすれば引き出すことができる情報も多くなり、最終的に自分に最適なパソコンを手に入れることができるでしょう。

パソコンは決して安い買い物ではありません。

動画編集を快適におこなうためにも、BTOパソコンショップなどで知識が豊富な店員から説明を受け、積極的に質問してみましょう。

動画編集用パソコンでオススメのショップ

映像制作会社で実際に使われているBTOパソコンショップを人気順に並べました。
BTOショップでは動画編集用パソコンのことを「クリエイターパソコン」と呼んでいます。

マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューターには映像クリエイター向けのパソコン「DAIV」シリーズがあります。
マウスコンピューターの動画編集用パソコンは壊れにくいことで映像業界では非常に評判が良いです。
24時間年中無休の電話サポートや迅速に修理対応してくれるところが忙しい映像制作会社に支持される理由です。

他のBTOショップよりもお値段がちょっと高めの設定なので予算に余裕がある方、一台のパソコンで長く使いたい方はマウスコンピューターがオススメです。

マウスコンピューターのクリエイターパソコンを調べる

パソコン工房

パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン

パソコン工房の動画編集用パソコンも多くの映像制作会社で導入されています。
理由はスペックを同じにして比較した場合、パソコン工房さんが安いことが多いからです。

また全国展開しているので、修理にも持ち込みしやすく電話でのサポートも結構親切です。
ネットでカンタンに注文できることもメリットの一つ。動画編集用ならクリエイターパソコンを選択しましょう。

パソコン工房のクリエイターパソコンを調べる

ドスパラ


ドスパラのクリエイターパソコンも映像会社では人気です。

全国展開のBTOパソコンショップなのでサポートや故障の時も安心。
ノートPC・デスクPCともにPremiereProCC・AfterEffects専用モデルなども用意されています。

ドスパラのパソコンも安定感があることで映像業界では定評がありますよ。オススメ!

ドスパラの動画編集PCを調べる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

動画編集はAdobePremiereProCCがオススメです。

PremiereProCCはユーチューバーや動画クリエイター御用達の動画編集ソフトです。
業務用動画編集ソフトとしても利用されています。
PremiereProCC単体なら2,180円/月で使えます。
Premiere Pro CC単体プランがお求めやすい 2,180 円/月 (税別)

PremierePro オススメ教本

<% metaKeywords %>

PremiereProCCを基本から学ぶならPremiere Pro CC スーパーリファレンスがオススメです。
電子書籍版もありますので便利ですよ。

Premiere Pro CC スーパーリファレンス Amazonの価格と口コミを調べる

スポンサーリンク

関連記事

SOCIAL MEDIA

業務用カメラの標準的な設定と使い方
SONY HXR-NX3 SONY PXW-FS5 SONY PXW-Z150 SONY α7SⅡ

最近の記事

ページ上部へ戻る